歌の話・歌の円寂する時 他一篇 (岩波文庫)

著者 : 折口信夫
  • 岩波書店 (2009年10月16日発売)
3.57
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :43
  • レビュー :6
  • Amazon.co.jp ・本 (215ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003118610

歌の話・歌の円寂する時 他一篇 (岩波文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • <閲覧スタッフより>
    民俗学者であるばかりでなく国文学においても優れた業績を残した折口信夫は、「釈迢空」という名で短歌を嗜む歌人でもあった。本書は日本文学の発生が信仰の起源と共にあるという折口独自の視点から生まれた詩歌論です。
    -------------------------------------
    所在番号:文庫||911.1||オシ
    資料番号:10194495
    -------------------------------------

  • 歌の天才といわれる人だけあって、上から目線満載。

    前半は、若向けの講演用なのか、毒舌がさえ渡る。
    詩人で、若者をバカにする人は珍しい~。

    後半は、文学の定義が明確でないため、本文すら理解しがたいという構造的欠陥がある。定義が曖昧ゆえ時の試練に耐えられてない。

  • 岩波文庫(緑) 080/I
    資料ID 20102004669

  • 2010年8月13日購入

  • おひとがらがたおやかすぎる。

全6件中 1 - 6件を表示

歌の話・歌の円寂する時 他一篇 (岩波文庫)のその他の作品

折口信夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マルセル モース
J.L. ボルヘ...
三島 由紀夫
ヴィクトール・E...
有効な右矢印 無効な右矢印

歌の話・歌の円寂する時 他一篇 (岩波文庫)はこんな本です

ツイートする