山川登美子歌集 (岩波文庫)

著者 :
制作 : 今野 寿美 
  • 岩波書店
4.75
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003118818

作品紹介・あらすじ

与謝野鉄幹に見いだされた山川登美子(1879‐1909)は、鉄幹に寄せる思慕の強さや鳳晶子(与謝野晶子)との交流が作歌の意欲に結びつき、創刊直後の「明星」詩上で活躍した。29歳の若さで早世しながらも、喪ったものへの哀惜を主題となし得た点で抜きんでた女流であった彼女の全作品から、生前未発表の歌をふくめて859首を収録した。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •          しろ百合の嘆き 
     
     明治の女流歌人、与謝野晶子があまりにも太陽のような華々しい輝きを放っていたせいであろうか。晶子の陰に隠れた優れた歌人の存在は、歴史の片隅でひっそりと息をひそめているように思える。

     短歌でも、恋愛でも晶子のライバルであった、薄幸の天才歌人、山川登美子。29歳で早世し、残した短歌も晶子ほどは多くない。それでも綺羅星のように煌めく歌の一つ一つは儚げで清冽な輝きを残しす。
     
     登美子の代表歌。「髪ながき少女とうまれしろ百合に額は伏せつつ君をこそ思へ」
     登美子の歌の持つイメージの集大成のような可憐で清楚な抒情性がある。実際、登美子は仲間内で「しろ百合」と呼ばれたそうである。(晶子は白萩)
     
     与謝野鉄幹に見出され、機関誌「明星」で晶子としのぎを削り合う。鉄幹に惹かれるものの、身を引く。
     その後、親の決めた結婚をするものの、二年で夫に先立たれ、自らも病臥に伏し、歌人として生きていく道を絶たれてしまう。
     ライバルの晶子が鉄幹と結婚し、歌集「みだれ髪」を出版し時代の寵児になった姿を見て、病床の登美子はどれほどの絶望を覚えたであろうか。

    「それとなく紅き花友にゆづりそむきて泣きて忘れ草つむ」
     想い人鉄幹を晶子に譲った心の痛み。
     登美子の歌には晶子とは違う透明な哀れさがある。
     

  • 私の好きな近代歌人の筆頭。釈迢空(折口信夫)は與謝野晶子以上に山川登美子の才質を認め、その早世を惜しんだという。姿態をしつらえすぎる晶子の歌に比して、登美子の歌の「暗示の、ひらめき」(釈迢空)を一貫して評価していた。「後世は猶今生だにも願はざるわがふところにさくら来てちる」

  • 岩波文庫:緑 080/I
    資料ID 2011200513

  • やはり大好きな歌人の歌集というのは
    掌の中の花のようです。

    与謝野晶子と対比されがちな彼女ですが、
    私は彼女の歌の方がより好きで、
    むしろ潔いと思っています。

    執着心の強い女性に思われたり、
    神経質なこわさを読み取る批評もありますが、
    私は、登美子が憎んだのは
    恋のライバル晶子その人ではなくて

    心のままに行動したくとも出来ない
    病身の我が身や、他人を慮って
    結局は不幸になっていった選択が
    誰のせいにも出来ない、自分の責任で
    あったと感じる、忸怩たる部分に向けられて
    いると思います。

    晶子は

    「そんなことは瑣末なことよ!
    思うとおりになさいよ!登美子さま!」

    とでも言ったかもしれませんが

    あの時この道を選んだのは自分…という
    物思いは後年晶子にも見られるので

    その時には、おそらく晶子も
    登美子の内心の屈託に

    「ああ、自分の思いや情熱だけでは
    どうにもならぬことがあるのだ…。
    先にそれを知っていたのね。」

    と、思っていたかもしれません。

    清らかで透明感のある詠みぶりは
    登美子ならではのもの。

    独自の歌境に思う存分浸りましょう。

    鉄幹との恋のゆくたても
    登美子サイドからみるとこうだったのか!
    と発見があります。

    今野寿美先生の解説も行き届いて
    素晴らしいです、

    この歌人の評価が少しでも高まるよう
    心から願います。

  • 気になっていた人物。広告文によると「与謝野晶子のよきライバル」とのこと。

全6件中 1 - 6件を表示

山川登美子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする