日本近代短篇小説選 昭和篇3 (岩波文庫)

制作 : 紅野 敏郎  紅野 謙介  千葉 俊二  宗像 和重  山田 俊治 
  • 岩波書店 (2012年10月17日発売)
3.75
  • (2)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 43人登録
  • 6レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (400ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003119167

作品紹介

「私はいま宇宙と同じ大きさになっているはずである」(埴谷雄高「闇のなかの黒い馬」)。現在を突破する言葉の力、小説だけが語れた真実。昭和二七年から四四年に発表された、幸田文・島尾敏雄・三島由紀夫らの一三篇を収録。

日本近代短篇小説選 昭和篇3 (岩波文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ・小島信夫「小銃」(再読)◯
     この小説は面白いが文章が読みづらい。
     小島信夫の他の作品も読んだことあるけど自分には合わなかった。

    ・吉行淳之介「驟雨」(再読)◯
     表現が直接的すぎる点が気になるが面白い。

    ・幸田文「黒い裾」△

    ・庄野潤三「結婚」◯
     他の作品も読んでみたい。

    ・中野重治「萩のもんかきや」✕
    ・円地文子「二世の縁 拾遺」△
    ・花田清輝「群猿図」7✕
    ・富士正晴「帝国軍隊に於ける学習・序」✕

    ・山川方夫「夏の葬列」◎
     景色が目に浮かぶ文章で読みやすい。ドラマチック。
     他の作品も読んでみたい。

    ・島尾敏雄「出発は遂に訪れず」△
    ・埴谷雄高「闇の中の黒い馬」△
    ・深沢七郎「無妙記」△
    ・三島由紀夫「蘭陵王」◯

  • サンフランシスコ講和条約発効の1952年から69年の間に発表された短篇小説集。島尾敏雄の作品が読みたくて手に取ったが、小島信夫「小銃」幸田文「黒い裾」富士正晴「帝国軍隊に於ける学習・序」なども面白く、敗戦後20年という時代背景も考慮するとなかなか読み応えのある本。

  • 昭和期の文学短編集。もともと小島信夫の「小銃」が読みたかったので、その他の作品は拾い読みした。

    ○小島信夫「小銃」
    陸軍で貸与された小銃を、出征前に情けを通じた年上の女と重ねあわせる若者の話。小銃に対する思いがエロチックかつ幻想的で、武装解除の時にその小銃がその他大勢になってしまう寂しさも良かった。

    ○帝国軍隊における学習・序(富士正明)
    陸軍においても鉄拳制裁による逃亡や自殺が問題になって禁じられ、制裁を受けなくなった召集兵の練度は低いというのが興味深かった。

    ○無妙記(深沢七郎)
    骨。

    ○蘭陵王(三島由紀夫)
    富士山のふもとで演習しているときに、横笛を吹く大学生の話

  • 昭和27年から45年までに発表された短編小説を収録している。戦争体験を昇華したような小島信夫『小銃』、富士正晴『帝国軍隊に於ける学習・序』、島尾敏雄『出発は遂に訪れず』が素晴らしい。自死直前の三島由紀夫『蘭陵王』の明るさ、透明さに驚かされた。タイトルは知っているが未読の著名な作品をいっぺんに読めて嬉しかった。

  • 近代が画期的な性の解放によって表現が多彩になったなどとは決して誰もが口に出すことはないだろうし、そう真剣に考えている者もいないだろう。そこにあるのは冷徹な暴力のみなのだと誰もがわかっているし、誰もが圧倒的な暴力の中で暮らしているからこそ噴出してくる類の表現なのだ。

    だからこそ唐突に、迷うかのように、三島由紀夫は本篇収録の『蘭陵王』で、問いかけている。それも落雷の如く突然に。

  • 岩波文庫 080/I
    資料ID 2012200360

全6件中 1 - 6件を表示

日本近代短篇小説選 昭和篇3 (岩波文庫)はこんな本です

ツイートする