第七官界彷徨・琉璃玉の耳輪 他四篇 (岩波文庫)

著者 : 尾崎翠
  • 岩波書店 (2014年6月18日発売)
3.75
  • (6)
  • (6)
  • (6)
  • (1)
  • (1)
  • 114人登録
  • 12レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003119617

作品紹介

五感を越える「感覚」で世界を捉え、哀感とユーモア、エロティシズムをも湛える独特の表現が今なお新しい尾崎翠(一八九六‐一九七一)。奇跡のような作品群から代表作「第七官界彷徨」と緩やかに連なる四篇、没後発見の映画脚本草稿「琉璃玉の耳輪」を収録。

第七官界彷徨・琉璃玉の耳輪 他四篇 (岩波文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • (「吾輩は猫である」+宮沢賢治+大島弓子)÷3=尾崎翠
    といった趣です。とってもかわいらしく、ユーモアもあり、面白く読ませていただきました。
    愉快で立派なお兄さんが沢山いて、愛されていてうらやましい感じがします。実際にはいろいろと大変なのだろうけど(学費のねん出とか)。我々の世代になるとこんなに沢山兄弟がいること自体少ないですから。

    昔の漫画っていうのは、少年漫画はお姉さんフェチ(『巨人の星』など)、少女マンガはお兄さんフェチだったように思いましたが、子供の数が少なくなるにつれて嗜好も変わっていくんでしょうか。そんなふうに思いました。

  • 第七官界彷徨、歩行、こおろぎ嬢、地下室アントンの一夜、アップルパイの午後、瑠璃玉の耳輪の六篇収録。
    瑠璃玉のみ脚本形式で独立したもの。他は短編の関連作として見るのが良いのかなあ……一瞬、同じ名前の別人かと思ったけどどうやら確かに同じ人物が別の視点とか時間とかから描かれているだけっぽい。
    第七官界彷徨は兄二人と従兄弟の借屋に引っ越してきて、それぞれが何かの勉強をしている家族のなかで自分も人間の第七官(感)に作用する詩を書こうと志す女の子のはなし。謎の分裂心理学とか菌類の恋とか交えつつ、最終的にはいつのまにか失恋しているという謎さ……。
    他の五編の方がまだわかりやすいんだけど、一番スピードがあって面白いのは映画脚本として書かれた瑠璃玉の耳輪かなあ……。昔に生き別れた三姉妹を瑠璃玉の耳輪を頼りに女探偵が探し出すというはなし。簡単なあらすじが最初にかいてあってネタバレした状態で読んだのだが、意外にこれが一番面白かったのであった。

  • タイトルを見て、わたし好みかもしれないと思って読んだ。
    読み始めて思ったのは、つまらないなぁ、と。
    いつ面白くなるんだろうと思いつつ、読むペースは衰えず。
    読み終わって初めて、これもの凄く面白かったんじゃない?と思った。
    つまり、わたし好みだった。

  • なかなか古い文体で読みにくくはある。
    ただ、昔の作品にしてはユーモアが
    あって面白い。

    少し読むのはきついかも。

  • 苔文学として紹介されてたので気になってたけど、ずっと読めてなかった本。これも入院に。
    なんか終始ふわふわしてて、でも乾燥してないというか湿気を帯びてて、話も起伏なく淡々と綴られ、あぁだから花粉というか胞子ぽいのかも。

    何人もの人が少女漫画のようと言っていて、ほんとそんな感じ。昔の少女漫画。
    うつらうつらしながら読んだからというのも手伝って、捉えどころのない、だからと言って全然つまらない訳ではなくて、読みながらあちこちたゆたってしまうような。
    目に見えない重さのないものに浸かっているような、不思議な本。

  • 「よほど遠い過去のこと、秋から冬にかけての短い期間を、私は、変な家庭の一員としてすごした。そしてそのあいだに私はひとつの恋をしたようである。」
    こんな魅力的な文が、作中ずっと続くのです。

  • 「毎日新聞」(2014年7月6日付朝刊)で、
    荒川洋治さんが紹介しています。
    (2014年7月7日)

  • あまりにも有名な少女小説の傑作が岩波文庫に。
    他の収録作は津原泰水が小説化した『琉璃玉の耳輪』、そして『歩行』『こおろぎ嬢』『地下室アントンの一夜』『アップルパイの午後』、という岩波文庫らしいセレクト。
    巻末の解説は短いながらも充実したもので、『琉璃玉の耳輪』の成立過程はかなり興味深い。

  • 岩波文庫に「第七官界彷徨」!

    岩波書店のPR
    「聴覚や嗅覚などの「感覚」によって世界を捉え、哀感とユーモア、静謐なエロティシズムをも湛える独特の表現世界を築いた尾崎翠(1896-1971)。昭和初期に書かれた奇跡のような作品群から代表作「第七官界彷徨」とその連作「歩行」「こおろぎ嬢」など4篇、没後発見の映画脚本草稿「琉璃玉の耳輪」を収録。(解説=川崎賢子) 」

全12件中 1 - 10件を表示

第七官界彷徨・琉璃玉の耳輪 他四篇 (岩波文庫)のその他の作品

尾崎翠の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
遠藤 周作
アンナ カヴァン
谷崎 潤一郎
三島 由紀夫
ヴィクトール・E...
三島 由紀夫
倉橋 由美子
リチャード ブロ...
J.L. ボルヘ...
有効な右矢印 無効な右矢印

第七官界彷徨・琉璃玉の耳輪 他四篇 (岩波文庫)はこんな本です

第七官界彷徨・琉璃玉の耳輪 他四篇 (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする