日本の詩歌――その骨組みと素肌 (岩波文庫)

著者 : 大岡信
  • 岩波書店 (2017年11月17日発売)
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :19
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003120231

作品紹介

日本の叙景歌は、偽装された恋歌であったのか。勅撰和歌集の編纂を貫く理念は何か-。日本詩歌の流れ、特徴のみならず、日本文化のにおいや感触までをも伝える卓抜な日本文化芸術論。コレージュ・ド・フランスにおける全五回の講義録。

日本の詩歌――その骨組みと素肌 (岩波文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この知識量にまずは圧倒された、圧倒されたと同時に、でも自分の詩の深め方とは全く方向が違うのだなということも同時に思った、自分なりの深め方でやっていくしかない。

    あとは、今蓄積している日本の詩歌の伝統(主客未分と叙景)と、芭蕉、山頭火、民喜などを井筒、上田閑照、ハイデガーなどの哲学的論考とつなげてみたいとも思った。

    僕は正統の「文学史」よりも、それからはずれつつ、しかし日本の和歌の本質が捉えてきたものを、現代的に復元したい。そのアプロ―チとして、僕の場合には、哲学的な時間や空間の視点がある。

    「歴史的にこういう運動があり」という文学史からの流れではなく、空間や時間、哲学からの根源的現象としての「詩」の究明、ある意味で、詩の制度から離れたところからのハンマーのような、でもたしかに自分の詩論としては明確に確立されている、そういう屈強な論理が書きたい


    以下引用
    --------

    和歌ー作者の自己消去

    和歌の和は、「互いになごやかに和らぐ」という意味がある

    調和の原理そのものによって、超自然的な恐るべき存在までも、やわらげ、人間化してしまう

    夏と秋と行きかふ空のかよひ路は片方すずしき風や吹くらむ

    秋来ぬと目にはさやかに見えねども風のおとにぞおどろかれぬる

    和歌-相手の心をとらえ、説得するための実用的手段であった。決して純粋に文学としてではなく、実用上の必要からそうなった

    日本詩歌の特徴的ジャンルの叙景詩

    跡もなき庭の浅萱にむすぼほれ
    露のそこなる松虫のこゑ


    日本の抒情詩にあっては、和歌にせよ俳句にせよ、外界の描写を内面の表現と一体化させようとしている場合が多いのです。全てがそうではないが、そういう傾向がある。

    押韻は日本では成立しない。一定のリズムだけ、音数だけあった

    日本の和歌や俳句における独特な詩法―目に見える外界の事物を、混沌たる内部世界の比喩、あるいは象徴として、いわば主客未分の状態において表現することです、もしこの方法をみごとに駆使するなら、和歌あるいは俳句のような、外見的にはひどく短い詩型でも、与える情緒は多義的で深い

    春の夜のやみはあやなし梅の花
    色こそ見えね香やはかくるる

    日本では、恋歌がそのままの姿で風景詩でもあれば自然詩でもあったところが、たぶん世界のどこにも見られない独自の性格だったのです

    日本では、風景や自然を歌う「叙景詩」は、じつは本来恋心を歌う「抒情詩」として機能すべきものである場合が多かった

    月や出づる星の光の変わるかな
    涼しき風の夕やみのそら

    山もとの鳥のこえより明けそめて
    花もむらむら色ぞ見えゆく

    詩人の自我意識は限りなく無に近づき、ひたすら澄明な眼差しになろうとしている

    集中的放心

    抒情詩、叙事詩、劇詩。
    このカテゴリーに分類しきれないジャンルの詩が日本には大量にあった。それは風景そのものの描写による叙景詩。自然詩

    叙景詩、自然詩が、日本のあらゆる形式の詩の中で、古代から現代にいたるまで、ずっと中心部分をなしてきた

  • 論理明快な文章。実作者からは感覚的に当然と思っていることを、快刀乱麻を断つ形での説明をしてくれる。和歌は和するものということ、叙景という概念を意識させてくれたのはありがたいし、批判的意識としての菅原道真や女性の和歌・今様という点からもとらえているのが的確と思う。

全2件中 1 - 2件を表示

大岡信の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする