山頭火俳句集 (岩波文庫)

著者 :
制作 : 夏石 番矢 
  • 岩波書店
5.00
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 48
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (544ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003121115

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2019年5月読了。

    このみちまつすぐな、逢へるよろこびをいそぐ

    山頭火52歳、長男健氏24歳の昭和9年(1934年)の句。

    放浪、酒乱、自堕落、様々な評価があるが、上の一句は「父子対面」の際の一句とあることから察するに、再開の心情を詠んだ句か。再開を喜ぶあたりは尋常の父親像を想起させる。放浪しても、酒乱であっても、自堕落だとしても、人の親であることの感慨があることが推察される。

    昭和15年(1940年)に山頭火は亡くなる。晩年は既に大陸では戦火を交えていたわけだが、日記に書かれた時局への書簡を見るに「前衛的な詩句」を詠むに反してとても保守的というか、当時の国民としての義務を守ろうとすることにとても熱心に思える。反面、現実には義務に忠実な一国民たりえなかったのかもしれないが。

    柿が頻りに日記や俳句に登場する。
    秋と山頭火、風情あり。

  • 俳句
    日記
    随筆

    著者:種田山頭火(1882-1940、防府市、俳人)
    編者:夏石番矢(1955-、相生市、俳人)

  • 本館開架(文庫) [種田, 山頭火]
    http://opac.lib.saga-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BB26460561

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

種田正一(たねだ しょういち)
1882年12月3日 - 1940年10月11日
山口県出身。旧制山口中学(現・山口県立山口高等学校)から早稲田大学文学部に入学するが、神経衰弱のため中退。10代中頃から俳句に親しみ、28歳ごろから“山頭火”を名乗り始める。家族および自身の悲劇的な出来事の後、禅僧となる。1925年から西日本を中心に托鉢僧として旅する。句作を続け、旅先から俳句誌に投稿した。自由律俳句のもっとも著名な俳人のひとりと称される。

種田山頭火の作品

山頭火俳句集 (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする