化鳥・三尺角 他六篇 (岩波文庫)

著者 :
  • 岩波書店
4.20
  • (6)
  • (7)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 78
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003127186

作品紹介・あらすじ

「まあ、嘸この葉も痛むこッたろうねえ」(「三尺角」)。思いや痛みが境界を融かし、草木、鳥獣、死者と人とが結びあう-物語は鮮やかに世界を読み換える。表題作の他「朱日記」「第二菎蒻本」「茸の舞姫」など六篇を収録、詳細な注を付す。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 鏡花の文章は美しいですが難解。
    思ったよりも全部読むのに時間が掛かってしまった一冊でした。
    今回も妖しくも美しい妖怪が登場する話が多く楽しい。
    特に「朱日記」。
    火事の炎の恐ろしげな美しさと相まったからということもあると思いますが。この話に登場する女性からは不気味なまでの美しさと妖艶さを感じました。
    文章の描写だけでここまで感じさせるというところが鏡花の凄さだと思います。
    鏡花の文章には不思議な魔力みたいなものがあると感じますが、これはまさにその魔力を強く感じた話でした。
    あと不気味さという点で魅力的だったのは「第二蒟蒻本」と「茸の舞姫」。
    特に「第二蒟蒻本」の方は、最後かなりぞっとさせられました。

  • 清らかさを感じる『化鳥』。
    想像を膨らませながら楽しく、切なくなりながら読んだ。
    (だって、先生、先生より花の方がうつくしゅうございます)ってきっと鏡花の究極の本音だと思う。

    『三尺角』の進歩することで今ある景色が滅びてしまう予兆を、日常の様子に感じ取る視線がとても繊細。

    真っ赤に染められていく『朱日記』や『第二菎蒻本』にゾクゾクするのは恐ろしさ、また艶かしさでもある。

    呆気にとられたのは『革鞄の怪』。
    鞄の持ち主の男の狂気じみた言動にも、女性の思い切った判断にも、目が丸くなってしまった。

    変化に富んだ面白い作品集。

  • 久々に鏡花の短編小説集。
    ちくま文庫版「集成」を持っているので重複は多いが、楽しめた。
    ちくま文庫「集成」は見開き左ページの左端に脚注がついており、難しい(時代の古い)語句をぱっと見られて便利だったが、そこに載っていない語句も多くて、完全に親切とは言えなかった。この岩波文庫のは、巻末に脚注を並べてあるタイプで、いちいちずっと後ろの方をめくるのは面倒なのだが、かなり親切に語句を解説しており、鏡花の江戸趣味による昔の髪の結い方とかもよくわかった。

    冒頭の「化鳥」には、鏡花初期の他の短編小説にもよく現れていた強いマザコン傾向が露出している。「お母様」とやたらに甘える坊やがえがかれ、それが奇妙な神話的聖域をかたちづくるのだ。
    次の「清心庵」は、母親の身代わりとなった年上の女性と、十八の男の子が、やはりサンクチュアリを形成して、世間から隔絶し、神話化する。
    鏡花は9歳の頃に母を亡くしており、<母>をめぐる思慕のテーマは、彼の作品群の一部を形成し、やがて『草迷宮』に到達、確かそのあとはこのテーマを放棄していたような気がする。

    火事という災害への危機意識が、小品「朱日記」を生み出した。災害や怪異へのおそれが、鏡花の幻想的作品群をつらぬくテーマなのだが、この短編では、火事を予告する妖怪めいたものが姿をあらわす。しかし怖いのはそういったお化けではなく、街をのみつくす大火というカタストロフの予感である。
    鏡花の「怪異」小説は根本的に、スティーヴン・キングのような欧米的「ホラー」とは質がちがっているのだが、後期の鏡花はややグロテスク気味の幻想をも書いた。この本最後の「茸の舞姫」は、そうした奇矯な絵図を開示している。ここまで来ると、E.T.A.ホフマンのマニー的幻想にも近づいているのだが、この路線の鏡花作品は、私はあまり好きではない。
    この一冊をとおして、鏡花が幻想の契機とするのは、自然的(あるいはアニミズム的な自然)なもの、時代の流れにより古く滅びてゆくものに依っているようだ。時代に取り残された鏡花の宇宙は、とうに滅びた民間信仰の残滓をかかえた迷信的な<畏怖>の世界だ。
    この感覚は、どうも、私たちが民俗学を読むときにいだく感覚にも通じるものがあるし、<自然>というテーマで言えば、中沢新一氏あたり、もっと泉鏡花に興味を持っても良さそうなものだ。
    私自身はとりあえず、この文体の極度の難読さと、文章そのもののもつ美的な「わざ」、そして表層だけの華麗なシニフィアンの舞いのうつくしさゆえに、鏡花に惹かれているのだが。

  • よかった。『化鳥』は夏明けから絵本も含めて3回読んだ。こうしてみると、『化鳥』や『高野聖』は鏡花作品の中でも比較的読みやすいのが、よく取り上げられる理由かなぁ、と思った。『三尺角』『第二蒟蒻本』のような、怪談話風でいて結末は哀しみと温かみのある話が今回は特に好きでした。泉鏡花はあまり読んでこなかったので、この一冊から感じた、人間と人間以外の植物や動物、幽霊までが、それぞれの場所にいながら同等に交わっている、という感触が正しいのかどうか、来年色々と読んで確かめてみたいです。面白かった。

  • 岩波文庫から鏡花の新刊!・・・というと語弊があるけれど、今まで文庫になっていなかったような初読の作品が沢山読めてとても嬉しい。基本的にはいかにも鏡花な短編ばかりです。幻想的で、そして男は皆マザコンで(笑)、女性たちは侠気に溢れて美しい。

    まるで鳥の化身のような美しい母と少年の「化鳥」や、失った母の身代わりのような人妻と青年の「清心庵」は母子もの、「第二箟蒻本」と「木精(三尺角拾遺)」は、死んでなお恋しい男に会いに来る女性の幽霊譚で、どちらも鏡花の得意ジャンル。

    個人的に印象深かったのは、擬似母子的設定でありながら異世界の怪異が火事を引き起こす「朱日記」と、天狗に攫われてから狂ったと思われている青年が茸のお姫様の衣装(蜘蛛の巣)を売る「茸の舞姫」。とくに後者はそこはかとなくエロティックで、それでいて真夏の夜の夢のようなファンタスティックな趣きもあり圧巻でした。

    ※収録作品
    「化鳥」「清心庵」「三尺角」「木精(三尺角拾遺)」「朱日記」「第二箟蒻本」「革鞄の怪」「茸の舞姫」

  • 鏡花短編集。面白いものが多かった。最後に急展開が待っているのはいつもながらのこと、それでもワンパターンを思わせない内容の豊富さ。この本には好きな話が多かった。化鳥はちょっとシンプルすぎるきらいがあるように感じたが、三尺角の拾遺の、女の霊が現れる水際の、読んでいてその冷気が伝わってくるような冷ややかな感覚はまさに身の毛もよだつというもの。最後の茸の舞姫も、題名からはかわいい御伽の印象を受けるも実際は恐ろしい話でぞくりとする。時間がたったらいずれ再読したい一冊だった。

  • 鏡花の短編集。
    「化鳥」:山奥に母と2人で暮らす男児。その母親に似た「羽の生えたうつくしい姉さん」を見る話。
    「清心庵」:良家の人妻と、18になる少年の性的ではない逢引き。
    「三尺角」:
    「木精」:三尺角の別視点。お柳の魂が男に一目まみえる。
    「朱日記」:不思議な女性に火事が起こることを予言される少年と、その小学校の教師たち。
    「第二蒟蒻本」:芸者の霊が男の元に現れる。
    「革鞄の怪」:電車の中で出くわした公務員が乗り合わせた花嫁に仕掛けたこと・・・。
    「茸の舞姫」:神隠しがえりの青年(少年)が町や神主、集落全体を巻き込む・・・。

    いつもながらの怪異がよろしい。「革鞄の怪」と「茸の舞姫」が好きかも。

  • 「木精」お化けの話のようでいて、生者同士の情念の交錯を描いた作品だと思った。深い結びつきの中で自分と他人との境が薄まる瞬間がある

  • やっぱり鏡花の書くお化けは佳い。美人だし可愛い。

    人が鳥や魚に見えるあどげない少年の一人称の表題作「化鳥」を筆頭に、切り出された材木から立ち上る凄まじい幻想の「三尺角」、物の怪が跳躍しひたすら赤のイメージが綴られる「朱日記」、しっぽりと恐ろしい「第二菎蒻本」「木霊」、狂乱かつ艶なら「茸の舞姫」、その袖を噛む「皮鞄の怪」、懐かしさなら「清心庵」。切り口は豊かに、かつ美しい掌編尽くしの一冊。

  • 岩波文庫 080/I
    資料ID 2013200488

全12件中 1 - 10件を表示

化鳥・三尺角 他六篇 (岩波文庫)のその他の作品

泉鏡花の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
安部 公房
三島 由紀夫
遠藤 周作
有効な右矢印 無効な右矢印

化鳥・三尺角 他六篇 (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする