芭蕉雑記・西方(さいほう)の人 他七篇 (岩波文庫)

著者 :
  • 岩波書店
3.58
  • (3)
  • (1)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 33
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003190210

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 西方の人は面白かったけど、他は…なんかきつかった。自分を掘り下げて掘り下げて、で疲れたのかな。

  • 芥川最晩年の随想集。

    「或旧友へ送る手記」
    芥川が自殺の直前に旧友に宛てた遺書。自殺者たる己の心理を記述する。自殺の方法や場所を吟味する姿には、妙なおかし味がある。自殺の動機の本当のところを「ぼんやりした不安」としか言いようの無いのは、分かる気がする。合理的に言語で規定できるというのでは、嘘だ。"君は新聞の三面記事などに生活難とか、病苦とか、あるいはまた精神的苦痛とか、いろいろの自殺の動機を発見するであろう。しかし僕の経験によれば、それは動機の全部ではない。・・・自殺者は大抵レニエの描いたように何のために自殺するかを知らないであろう。"

    「十本の針」十節から成る箴言集。
    "「生まれざりしならば」という言葉は正にそれらの[直覚すると共に解剖する]人々に当っている。"(或人々)無際限の対象化という、近代的意識の無間地獄。

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

小説家(1892-1927)。東京帝国大学文科大学英文学科卒業。創作に励むかたわら、大阪毎日新聞社入社。「鼻」「蜘蛛の糸」など数多くの短編小説の傑作を残した。1927年、服毒自殺。

芥川龍之介の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
キェルケゴール
マルクスアウレー...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする