唐詩選〈上〉 (岩波文庫)

著者 :
  • 岩波書店
3.33
  • (4)
  • (6)
  • (24)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 160
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (386ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003200919

作品紹介・あらすじ

16世紀、明代に編まれ、江戸時代から今日まで、長らく日本人に愛誦されてきた唐詩のアンソロジー。王維・李白・杜甫ら盛唐期の詩人を中心に、128人、456篇の名詩が選ばれている。原文・訓読文に語釈・現代語訳を付す。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この巻では、中国の唐王朝時代に作られた「膨大」な漢詩の全三巻の内の上巻にあたる書籍です。

  • 李白とか杜甫とか、唐代の詩を集めたもの。白文のほかに、書き下し文、日本語訳、注、簡単な解説が、すべての作品に付いているので読みやすい。
    書き下し文と注があれば、まあ読めるのだろうけど、やはり日本語訳と解説があったほうが手軽に読めていい。

  • よくわからん単語だらけなこともあって詩はよくわからないけれど、なんか雄大な感じがするのと、諸行無常・功績あげられず、というテーマが多いなぁ

  • 明治期の文章を読むと不安になる。現代に流通している数多の書籍の文章はこれで良いのか。唐代の詩を日本語で読む。そこに感じるものを想起するために入手したところだ。

  • 上下巻、読了。

  • 読みかけ。

  • 9-1 前野直彬注解

  • 唐の漢詩を集めたもの。
    上巻は古詩中心。

    長ーい詩もあって、それは読むのにほんのり苦労したけれども、全体的に註も丁寧で、訳も読みやすく、親切な設計。

    一日に2,3ずつ読んでいくだけで、心の持ちようが変わる。

  • 「唐時代の建築が見たければ、日本へ行け。」と中国人の間で言われるようになった今日この頃、この詩集は、日本にいる東西南北人達によってこれからも読み継がれてゆくであろう。

  • 壮麗なる都を歌った歌があったりするかと思うと歯が抜けるのを悲しむ歌とかあったりして。
    ぼちぼち読んでると面白いですよ。

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

前野 直彬
前野直彬:東京大学名誉教授

「2015年 『新装版 風月無尽 中国の古典と自然』 で使われていた紹介文から引用しています。」

唐詩選〈上〉 (岩波文庫)のその他の作品

前野直彬の作品

唐詩選〈上〉 (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする