完訳 三国志〈8〉 (岩波文庫)

制作 : 小川 環樹  金田 純一郎 
  • 岩波書店 (1988年7月7日発売)
3.69
  • (9)
  • (2)
  • (14)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :81
  • レビュー :8
  • Amazon.co.jp ・本 (351ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003201282

作品紹介

蜀、魏、呉の創業の英雄たち、劉備、関羽、張飛、孔明、曹操、孫権らはすでに亡く、2代目以降の守成の時代となるやその活力の低下は苦しい。やがていずれも晋の皇帝司馬炎の軍門に下り天下は統一された。太唐元(西暦280)年のことである。

完訳 三国志〈8〉 (岩波文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 第106回「公孫淵 兵敗れて襄平に死し 司馬懿 病を詐りて曹爽を賺く」から第120回「杜預を薦めて 老将新しき謀りごとを献じ 孫皓を降らしめて三分一統に帰す」まで。

    僕にとっては後半の巻になるほど面白くなってきたような気がする。よく知らなかった、ということもあるのかもしれないが。

    孔明亡き後の8巻は誰が物語を動かすのか・・・と思っていたが、姜維と鄧艾・鍾会の動向が起動力になっていた。姜維の北伐から蜀の滅亡に至るまでの物語は意外に面白く、もう少し詳しくてもよいのではないかと思うくらいであった。

  • 2014年10月に実施した学生選書企画で学生の皆さんによって選ばれ購入した本です。
    通常の配架場所: 1階文庫本コーナー
    請求記号: 923.5//Sa63//8

  • 普段より夏休みのほうが忙しいという人もいるでしょうが、そこは夏休みで、不規則に中途半端な空き時間ができるもの。そこで長いものをという訳で、『三国志』はいかがでしょうか。私としては『源氏物語』を是非お薦めしたいのですが、それは読む人の決意と忍耐にかかっているので置いておきます。『大菩薩峠』『徳川家康』というのも果てしなく楽しく読めます。『三国志』については、諸葛孔明・関羽という名や「三顧の礼」「泣いて馬謖を斬る」などの故事を知ってる人も多いはず。単純な人物像やテンポの早い物語展開に大いに楽しむことができるでしょう。読書することの楽しみを感じてくれれば幸い、これを機会に読書の世界をさらに広げ深めてみよう。

    文学部 H.K


    越谷OPAC : http://kopac.lib.bunkyo.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=108223

  • 中国四大奇書。原作「三国志演義」の翻訳版なので、どこかの作者の味付等が無いところがいい。

  • 孔明がいないと一気に私のテンションダウン…。

  •  
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/4003201280
    ── 小川 環樹&金田 純一郎・完訳《三国志(八)19880707 岩波文庫》19991015
     

  • 12-8

  • 第1巻参照。

全8件中 1 - 8件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする