完訳 水滸伝〈2〉 (岩波文庫)

  • 70人登録
  • 3.43評価
    • (3)
    • (3)
    • (15)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
制作 : 吉川 幸次郎  清水 茂 
  • 岩波書店 (1998年11月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (355ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003201626

作品紹介

蔡太閤の誕生祝いの金銀珠玉を奪ったことがばれ、腕利きの警吏が人数を引き連れてやってきた。幸い、その応対をした地方官が宋江。危険を知らされた晁蓋・呉用・公孫勝らは難を避け、追っ手の官軍を思うままに翻弄しつつ梁山泊に向かう。巻の十二から巻の二十二を訳した。

完訳 水滸伝〈2〉 (岩波文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 呉学究の「心配ご無用」がリズミカル。林冲がなかなかぶっ飛んでいる、が謙虚だ。
    しかし晁蓋はなぜ頭領なのか…

  • しかしながら、とてつもない手段で
    盗みをたくらむよなー。
    まさか、痺れ薬がないと思わせて
    途中から入れて罠に陥らせるとは
    おもわなんだ。

    ようやく梁山泊の本当の
    姿が出てこようとします。
    林冲が上に立つこととなって
    彼らは徒党をくむことになります。

    彼らの戦法はまさしく
    とてつもない手段です。
    だまし討ちをされて根こそぎ敵を
    倒されてはたまったものではありませんからね。

    世の腐敗を何とかするために
    立ち上がる彼らが
    どうなっていくのやら。

  • やっと梁山泊の11名が揃ったところである。

  • 中国四大奇書。原作「水滸伝」の翻訳版なので、どこかの作者の味付等が無いところがいい。

  • 段々面白くはなってきた。
    が、誰に思い入れて読んでいいやら。
    あっさり残虐なことがなされているし、それをしているのが
    メインの登場人物だったりすることもあるのが、微妙。

    取り合えずこの巻で一番腹が立ったのは婆惜。
    挿絵で女が刃物を向けられるシーンがあるのか、と思いながら読み進めたが
    こんな女殺されて当然。
    恩があるのに、多少拗ねたり別れたいと思うことはあれど
    何故ここまで恩知らずで自分の浮気心を正当化して相手を扱き下ろせるんだろう。
    かなり嫌な女だ。
    こいつの母親もだが。世話になっておいて、こんな厄介事をもちこむなんて最低だ。

  • 16-2

  • 2007/12/03

全7件中 1 - 7件を表示

完訳 水滸伝〈2〉 (岩波文庫)のその他の作品

ツイートする