水滸伝―完訳 (3) (岩波文庫)

制作 : 吉川 幸次郎  清水 茂 
  • 岩波書店 (1998年12月16日発売)
3.53
  • (3)
  • (4)
  • (12)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :61
  • レビュー :8
  • Amazon.co.jp ・本 (377ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003201633

水滸伝―完訳 (3) (岩波文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 武松の巻。虎殺し、兄の悪婦退治、施恩の為恨みを買い報復、魯智深の元へ旅立つ。

  • 今回は、武松という正義感あふれる
    豪傑が主人公となります。
    ただし、ちょっと飲んだくれなのが
    玉に瑕なのよね。

    そんな彼は、兄である武大を
    毒婦と、毒婦を構う糞婆の狡猾な計画により
    毒婦を間男に寝取られた挙句に
    発覚を恐れるために殺されてしまいます。

    武松は兄の仇を無事にとり、
    罪も軽いものとなったのでは
    ありますが、その正義感ゆえに
    災難にも見舞われてしまうのです。

    今回は一番人がばったばったと
    倒されるのではないでしょうか。
    彼が囚人として入った先で
    追い払ったものに逆恨みをされ、
    その仕返しに行く場面は…
    一番グロいかと思います。

  • 金瓶梅で引用された西門と幡の場面が出てきた。ほぼ同じ話である。

  • 中国四大奇書。原作「水滸伝」の翻訳版なので、どこかの作者の味付等が無いところがいい。

  •  第三巻はあの問題作である「金瓶梅」の元ネタになったという部分である。武兄弟の弟武松が兄嫁の潘金蓮と姦通した西門慶とを殺して兄の仇を討つ話が中心になっている。
     とにかく弟の武松は兄の武大と違って桁外れに強い。この二人を誅殺する前に、旅の途中で出会った大虎を素手で殴り殺しているほどだ。

     ところで中国では人肉を喰らうシーンが出てくる。古典に限らず、辛亥革命の頃の魯迅の書いたものにさえ出てくるようだ。どうも中国には比較的近代まで食人の習慣があったのではないか。そうでなければ想像だけではこれだけ文学に登場することはないのではないかと思う。

     この「水滸伝」は全10巻なので、ぜひあと7巻読破したい。

  • 正直既に飽きてきた。
    はじめは武松に同情したが、あっさり人を殺してしまうし
    普通に人間が人間を食べているし。

    西遊記の中でも、人肉を餞にした饅頭って出てたが、
    それは三蔵を汚そうという妖怪の企みだったのでまだ理解できたのだが。

    今殺そうとしていた癖に、相手の名前を知った途端へいこらして
    殺されかかった方もいいですよ、と義兄弟の契りを結んでしまうところも理解し辛い。

  • 16-3

  • 2007/12/04

全8件中 1 - 8件を表示

水滸伝―完訳 (3) (岩波文庫)のその他の作品

ツイートする