西遊記〈6〉 (岩波文庫)

制作 : 中野 美代子 
  • 岩波書店
3.68
  • (6)
  • (7)
  • (15)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 79
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (402ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003202067

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この巻には、牛魔王とか芭蕉扇とか羅刹女とか、
    知っている名前が沢山でてきて楽しい。
    それに、偶然にも封神演義と平行して読んでいたんで、
    見知った名前も出てくることだし。


    孫悟空が可愛くて…。なんてお師匠様思いなの?!
    と思っていたら、なんでなのか突然に人殺し。
    理解しにくい。
    突然過ぎる。
    まあなんとかお師匠様の元に戻ることができましたが。
    偽の悟空なんて出すくらいなら、
    強盗を殺したのも全部偽ってことの方がよっぽど納得がいきました。
    個人的には。

  • キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!<br>
    ニセ孫悟空!<br>
    大河ものはこうでなくちゃ。<br>
    ますます三蔵法師のダメぶりが晒される巻。<br>

  • 西梁女人国でのエピソード、笑えるなあ。おなかポンポンのところで、八戒は「男である自分が…」と驚き嘆いているのに対し、三蔵法師は性別よりも任務遂行の方を気にしていたみたい。中性的な三蔵さん。女優に演じさせたくなるのもわかる。ひたすら操を守り続けた姿もいとおしい。弟子たちにすっかり頼りきっているかと思えば厳しく叱責もすることもあり、気持ちの揺れが大きいお方であると分かった。

  • 旧訳版。
    女難が続く巻。「堕ろす薬もらってきてよ!」とか言っちゃう三蔵が面白すぎる。
    もてもてやしいけめんなんやろなあ。

  • 三蔵への色仕掛けが面白い。妖怪とチャンバラばかりだと飽きるから^^;

  • 三蔵の懐妊、女国、悟空の追放など有名な箇所が軒並み出てきたている。

  • 請求記号:B1780-6
    資料ID:50035823
    配架場所:図書館1階東館 テーマ展示

  • 淡々と読破。

全10件中 1 - 10件を表示
ツイートする