西遊記〈7〉 (岩波文庫)

制作 : 中野 美代子 
  • 岩波書店
3.60
  • (4)
  • (7)
  • (14)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 75
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (460ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003202074

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 旅は続く。この巻で特に面白かったのが、孫悟空が病に伏せる王に薬を処方するくだり。国中から多くの薬の素材を集めさせながら、使ったのは2つだけ。あとは馬の尿と雨水で薬のできあがり(もちろん王は知らない)。それで王の腹がくだって、体内に残留していた固形物がでて、王は健康を取り戻す(もちろん王は薬の効果と信じている)。病は気から。薬が効くのも気持ち次第。

  • 悟空が医術を披露するとは思わなんだ。うつ病の国王の体調を回復させ、お妃救出に向かうのだが…。その国を通るためとはいえ、おせっかいが過ぎるのでは?ただ興味の赴くままに国王に接近して挙句妖怪退治を約束。正義感と興味が彼の底知れない能力を引き出しているのだなあ、と感心。一方で三蔵の無力さが歯がゆくなる。早く続きが読みたい。

  • 旧訳版。
    後半の、でかいうわばみとか悟空がお医者さんになるとかの話すごい平和でにやにやしながら読んでしまったわ。
    八戒も何かいい奴になってきたし、悟空もちゃんと力あるんやなっていうのが分かる。
    白馬も喋ったで。

  • 終巻に近づくにつれ、妖怪たちもパワーが増している。
    観音や天帝そして神々に応援を頼んで解決しているのが
    「困ったら上長に相談」「関係者を巻き込む」など、
    マネジメントぽくっていいね。
    更に、その妖怪が神々の(上長の)管理ミスで誕生しているところが面白い。

  • 請求記号:B1780-7
    資料ID:50035824
    配架場所:図書館1階東館 テーマ展示

  • 読めば読みほど、悟空が可愛い。
    三蔵さんはたまにむかつくけれど、へなちょこぶりがいいかなとも。
    やっぱり、人間ですから。どんなに偉い人でも。
    そして周りは大抵が妖怪ですから。
    獲って食われるっていう危険て、少なくとも現代日本人の私には
    わからない恐怖だし。

    自分の印象、ドラマやアニメなどのリメイクでは、悟浄って普通に活躍しているけれど、
    原作はそうでもなくて、三人の弟子の中では普通の人で、
    妖怪を倒す力とかはそんなにないんです、みたいなことを自分でも言ってる。
    妖怪に誘拐されたお師匠様を助けなきゃ!ってときも、
    悟空がひとりで行くか、八戒を連れて行くかで、
    悟浄は大抵が馬と荷物を見張ってひとりでお留守番。ちょっと意外でした。

    それにしても、神様って、お経と取りに行かせるんだったら
    普通に行かせてくれればいいのに、受難は修行に必要だから与える。
    けど、助けてくれる。
    黙ってても助けてくれることもあるけど、悟空が頑張って、
    駄目なときは助っ人を頼みに行く。その繰り返し。
    やっぱり神様って、不思議だなあ。
    本当に昔話の神様って、結構ひどかったり人間ぽかったりする。
    どこの国や種族のでも。

  • 読んでますよー

全8件中 1 - 8件を表示
ツイートする