西遊記〈8〉 (岩波文庫)

制作 : 中野 美代子 
  • 岩波書店 (2005年5月17日発売)
3.67
  • (3)
  • (10)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :67
  • レビュー :9
  • Amazon.co.jp ・本 (484ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003202081

西遊記〈8〉 (岩波文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 今回は「蒸す」という言葉に気分が悪くなった。妖怪たちの食の傾向にうんざり!である。三蔵法師は崇高なところが見えないし、知恵もないし、すぐにだまされるし、力もない。欠点ばかりが目立ってしまう回だった。かたや孫悟空はといえば、機転が利くし、情もあるし、能力的な面からいえば師匠を上回る、と言えそうだけど、両者は比較対象ではないな。三蔵法師よ、これまでの経緯を振り返って反省し、同じ轍を踏まないようにお願いしますよ!

  • 旧訳版。
    悟空も三蔵も八戒も、最初の頃とは違って成長してきているのが分かる。もう旅の序盤の頃に繰り返していた失敗パターンじゃなくなっとる。
    でも悟空短気すぎ。目の前のおもろいことに喰いつきすぎ。そのせいで作戦失敗したり戦いが長引いたりしていて、なんやねんこいつは!ってなる。愉快なやつやな。
    あと、矛盾多すぎ。訳者も注釈で困っている。長い話やけん、ずーっと前の回と食い違うのはまだいいとして、ほんの数行前と矛盾しとるってどしたんで。

  • 前巻に続いて神々の管理ミスの問題だ^^;
    ちょっと目を離した隙に逃げだして。。。
    今も昔も変わらないね。

  • 悟空が菩薩や如来に助けてもらうということがパターン化してきた。さらに三蔵が弱々しい描写が多くなてきたと思われる。

  • 請求記号:B1780-8
    資料ID:50035825
    配架場所:図書館1階東館 テーマ展示

  • 段々三蔵さんの意気地なしなところが可愛くなってきました。
    人間というものは、これだけ修行をして徳を積んだ人でも
    まだこれだけ弟子を信じきれなかったり、
    心が弱かったりするものなんだな。

    それに、これだけ毎回毎回ここまでの災難に(獲って食われるわけだし)
    遭っているのに、それに耐えて進むんだから、
    いくら泣きながらでだってやっぱり強い人なんだなと思う。

    今回初めて、八戒の言うことに託かされそうになりながらも
    悟空の言うことを信じて先へ進もうとしてくれたんで、
    良かった!と思ったら結局…。
    ああ、どうなることやら。(苦笑)

    ところで、悟空の頭の金のわっか。今まで接してきた
    マンガやドラマやアニメで、みんな悟空を懲らしめるため、
    となっていたけど
    それはそうなんだけれども、悟空のためでもあったんだ。
    そして悟空本人もそれを知っていたんだ、というのがこの巻で分かって、
    なんだか微笑ましいというか嬉しい気持ちになりました。

  • 何度悟空に怒られても懲りずに怠慢ぶりを発揮してはやっぱり怒られてそれでも悪びれずに堂々と面倒くさがる八戒が可愛く思えてきました。

  • 象の妖怪やラマ僧がでてきて、やっとインドに近づいた、って感じ。

全9件中 1 - 9件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする