魯迅評論集 (岩波文庫)

制作 : 竹内 好 
  • 岩波書店
3.75
  • (4)
  • (4)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 68
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (275ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003202586

作品紹介・あらすじ

魯迅(1881‐1936)には小説のほかに数多くの評論・随筆があり、寸鉄人を刺す筆を揮った。その中から自己の心境を述べた「『墓』の後に記す」、3.18事件に抗議した「花なきバラ」、林語堂との論争記録「『フェアプレイ』はまだ早い」、講演「魏晋の気風および文章と薬および酒の関係」、遺言を記した「死」など17篇を収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 文の持つ「重さ」。
    作家自身、作品自体が読み手を拒んでいるとは思いません。
    こちら側の構えというか、気後れというか。
    戦いの間合とは異なった、ある「領域」に足を踏み入れる覚悟。
    何だかそんな情景が浮かびます。

  • 「魏晋の気風および文章と薬および酒の関係」しか読んでない。宮城谷先生の三国志読んだ後でとても興味深かった。

  • 歴史上の、特に日中間の事件や人物の名前がたくさん出てくる。確か学生時代に覚えたな~くらいの、あやふやな記憶しかない。駄目だ。勉強しなおそう!

  • 『『墓』の後に記す』他。<br>
    難しくて頭痛い。

  • \105

全5件中 1 - 5件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
キェルケゴール
マーク トウェイ...
マーク トウェイ...
ウィリアム シェ...
ドストエフスキー
ドストエフスキー
有効な右矢印 無効な右矢印

魯迅評論集 (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする