アタルヴァ・ヴェーダ讃歌―古代インドの呪法 (岩波文庫 赤 65-1)

著者 :
  • 岩波書店
3.44
  • (1)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 51
感想 : 2
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (278ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003206515

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 再読。4大ヴェーダの一つでサブタイトル通りおもに「呪法」について記されている。

    怪我や病気回復の呪文から、悪魔祓い、呪い返し的なもの、意中の相手を落すための恋愛系の呪文から、逆に憎っくき恋敵に呪いをかけたりなどの呪術系のほか、戦勝祈願や豊作祈願などの祈願系もある。

    呪文だけでは駄目で、用意しなくちゃいけない各種材料(薬草や動物の角とか、場合によっては血肉糞尿)も沢山あるし、儀式にのっとった所作や方法を守らなくてはならないので、とてもじゃないけど実用は難しそう(笑)でも面白い。

全2件中 1 - 2件を表示

辻直四郎の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×