サキャ格言集 (岩波文庫)

  • 岩波書店
3.67
  • (4)
  • (4)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 64
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003209011

作品紹介・あらすじ

著者サキャ・パンディタ(1182‐1251)は13世紀チベットの人。論理学・文法学・韻律学から医学・占星術にいたるまで、百を越える著作があると伝えられる学者であり、強大なモンゴル帝国との折衝に、チベットを代表してあたった熟練の政治家である。その卓越した学識と経験が生んだ、現在も人々に愛誦される辛口の格言457句。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 愚か者と賢者の違いが
    ふんだんに記されてありますよ、
    ビジネスマンの御方々

  • 「怒ることは無意味に自分を焼くことだ」「光がものを隠す時」という一節が目に止まる。

  • 荒いものは荒い方法で調伏し穏便な方法では調伏できない。
    腫れ物は焼いたり切ったりして膿を出すが穏便な療法は毒になる。

  • 13世紀、チベットの大学者であるサキャの辛口格言集。四行文で収められた彼の格言には学ぶところが多いです。

全5件中 1 - 5件を表示

今枝由郎の作品

ツイートする
×