神統記 (岩波文庫 赤 107-1)

著者 :
制作 : 廣川 洋一 
  • 岩波書店
3.71
  • (15)
  • (21)
  • (33)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 262
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003210710

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 本編後に付されている"訳注"と"解説"が丁寧で分かりやすく本編である『神統記』への手助けをしてくれますが、なんと言っても魅力的なのは巻末に付されている"系譜図"と"神・人名索引"です。

    "系譜図"に関しては本編を読むにあたって多くの人が悩みの種とされる「列挙される名前」を、余白多めの余裕ある配分で16ページも割いて簡潔に纏められています。

    "神・人名索引"に関してもその人物が誰の子であるかの簡潔な記述と、本編の何行目(何ページ目ではなく本編下段に記されている行数)に登場しているかという方法が取られています。

    勿論本編である『神統記』も楽しめるものですが、個人的には丁寧な作りとなっている"系譜図"と"神・人名索引"だけでも手元に置いておく価値は存分にあるかと思います。

  • 再読。ギリシャ神話世界の成り立ちと系譜が叙事詩仕立てになっているので読み易く簡潔。なぜかティターン族との戦いについてだけ具体的。

    基本的にゼウスをヨイショする構成になっているので、一神教の神様と違い、あくまで一種族としての神々的な印象のギリシャ神話に、絶対王者を据えようとしてるのはちょっと苦手。

    巻末に人(神)名索引や系図がついてるのは親切。

  • 学生時代に一度読んだはずですが、全然違って感じました。よく知っているギリシア神話と一味違って、より太古で、より生き生きとした世界が歌い上げられます。

  • ギリシャ神話の基本ともいえる本。時系列はばらばらで飛ぶし最初はとっつき難い。他本を読み進めるうちにああこうなのかと初めて納得できる人が多いと思うが、抑えていて損はない。

  • PDF
    ヘーシオドス (希: Ἡσίοδος, Hēsíodos) は、古代ギリシアの叙事詩人。紀元前700年頃に活動したと推定される。『神統記』や『仕事と日』(仕事と日々)の作者として知られる。

  • 「借」(大学の図書館)

    ギリシア神話の基礎的なテキスト。
    短いし、読みやすいと思う。

  • ヘシオドス『神統記』岩波文庫:基本的にはゼウスによって打ち立てられた秩序と正義を誉め称える詩で、1000行程度である。宇宙の生成、ウラノスからクロノスへの権力継承、クロノスからゼウスへの権力継承、ゼウスとティタン族との戦い、また、怪物テュポエウス(「台風」typhoonの語源らしい)との戦いを経て、ゼウスと女神との結婚、女神と英雄たちの結婚から、世界に秩序と正義がもたらされ、神々の権能の分配がなされるという話である。原初神は、カオス・ガイア・タルタロス・エロスである。エロスって古い神なんだなと思った。カオスからはアイテル(エーテル、澄明)が生まれている。ガイアの子はウラノス(天)とポントス(海)で、ウラノスとガイアの子供には百手巨人やキュプロプス、レイアやオケアノス、ヒュペリオンなどのティタン神族が生まれている。美神アプロディテはクロノスが父ウラノスの陰部を大鎌で切り取って、その陰部を海へ投げ込んだとき、その泡から生まれた。「ヴィーナスの誕生」という絵があるが、なかなかえげついいきさつがあるんである。ガイアとポントスからはメドゥサなどが生まれている。ペガソス・ヒュドラ・キマイラ・ケルベロスなどはメドゥサの子であり、レイアとクロノスの息子がゼウスである。ウラノスやクロノスは自分の権力が奪われることを恐れて子供をタルタロス(地の底)に投げ込んだり、飲み込んだりする。ゼウスもアテナを飲み込んだが、最後にアテネはゼウスの頭からでてくる。ヘカテ(父母はペルセスとアステリア)という女神がおり、宇宙のほとんどの領域に権能をもつが、これは補助者であり、人間の信仰が非常に篤い神であった。プラトンにもタルタロスがでてくるが、ヘシオドスではタルタロスは天と地の間の距離と同じだけ地から落ちたところにあり、ゼウスに敗れたティタン族が閉じ込められていて、ウラノスの息子である百手巨人族に見張られている。タルタロスの上には地と大洋とタルタロスの「根」「土台」がある。またオケアノス(大洋)の果てをめぐるステュクスという河があり、この神はティタン族との戦いに始めに参戦する。ゼウス(Zeus,Dia)は、プラトンによれば、di’ hon zen 「この方によって生きている」の意だとされ、zenつまり生命と関わり、また、dianoia(知性)から来ているとされているが(『クラテュロス』)、『神統記』も生命と知性による秩序の樹立を謳った詩だと考えることもできるだろう。ヘシオドスは前750年から680年に生きた人と推定されており、小アジアの沿岸の寒村の人で、吟遊詩人ではなく、農業もしていたらしい。『神統記』は結婚の災いが書いてあることから、30才以後の作だとされて、『仕事と日々』は兄弟ペルセスとの遺産争いが創作の一つの契機になっているらしい。カルキスのアンピダマス王の葬儀競技で優勝して鼎を得たと伝えられている。『神統記』にも「鉄」という単語はある。

  • 内容もダイナミズムに富んでいて楽しいのですが、素人なのでまず訳注と解説を楽しみました。そして初心者には巻末の系譜図が大変ありがたい。この神は誰と誰の子で、どの系統になるのか…という事がわかるので、人間関係(神様関係?)がより頭に入りやすくなりました。

  • ギリシャ神話入門者にお勧めのような、そうでないような。

    アポロドロスの「ギリシャ神話」は本当に神々と英雄のリストであり、読み終えるのは一苦労。
    それに対し、こちらは短くまとまってはいる。ただ、訳文に癖が強いのと、あくまで神話を知り尽くしている古代ギリシャ人向けなので、時系列はごちゃごちゃで多少不親切。
    でも当時の空気を知れるというのは最近書かれた入門書にはない味わいがあると思う。


    各地の祭典にて儀式的に語られていたであろう昔話が、国々を歌いさまよう吟遊詩人によって広められ、共有されていくなかで形作られたものがギリシャ神話なのだと思われる。

    ヘシオドスはケルベロスの首を五十と言っており、それは今の一般的なイメージと異なる。複数の話しがあった中、民衆が好んだ設定が主流になり現在まで残ったのだろう。

    古の神々・英雄の出来事、それらを本当に起きたことと信じながら創作をする時、詩人はどのような考えを持っていたのだろう。それは今の小説家とは絶対に違うはず。
    詩の神に愛されていることを信じ、自分の告げた話しに疑いをもたなかったのだと私は思う。ヘシオドスさんの詩を読み、強くそう思った。

  • オリュンポスの神々と人間たちの父ゼウスは正当に父クロノスから王位を継承し、全知全能で正義であり詩歌、学芸の栄える文化的で平和な社会を創造した。短いので手っ取り早くギリシア神話の概要を知るのにもいいかも。巻末に神々の系譜付き

全19件中 1 - 10件を表示

ヘシオドスの作品

神統記 (岩波文庫 赤 107-1)を本棚に登録しているひと

ツイートする