ギリシア・ローマ抒情詩選―花冠 (岩波文庫)

制作 : 呉 茂一 
  • 岩波書店
3.69
  • (3)
  • (5)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 46
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (396ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003211410

作品紹介・あらすじ

サッポオをはじめ、ギリシア・ローマ抒情詩の名作を集成。鏤骨の名訳で贈る決定版。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • PDF

  • 古代ギリシアといえば、もっぱら悲劇が読まれる。それは、演劇としても上演されるからであるが、訳されているのに、「悲劇」しか入手できないという事情が大きい。岩波文庫がこの書物を重刷した英断の喜びにあずかり、みなさんにおすすめしたい。

  • この本のほとんどが、理解出来なかった。
    言葉の意味がわからなかったためだ。
    だが、この中にある
    「恋と憎み」
    は好きだと思った。
     憎いながらに なほ恋しとは
      どうしたわけと 問はれもせうが、
     ただ由故もなく かう成りはてて
      切り虐まるる 身の因果。
    という内容だ。
    憎い相手であるはずなのに、
    恋しくなってしまう。
    というのが、好きだと思った。
    そして、
    ただ由故もなく、こうなってしまった。
    という状態。
    嬉しい気もするけれど、辛い。
    こういう詩は好きです。

全4件中 1 - 4件を表示
ツイートする