アエネーイス (上) (岩波文庫)

制作 : 泉井 久之助 
  • 岩波書店 (1997年3月発売)
3.83
  • (5)
  • (6)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
  • 81人登録
  • 7レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (497ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003211519

アエネーイス (上) (岩波文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • PDF

  • 「借」(大学の図書館。)

    ギリシャ・ラテン文学の授業で扱われた一冊。叙事詩を読むのは初めてだったが、それなりには楽しく読めた。

  • トロイアの英雄アエネーアースがトロイア戦争で都を焼きだされ、艱難辛苦の末にローマに建国の礎を築くまでの話。壮麗かつ勇壮な長篇叙事詩である。アエネーアースの賛歌であるとともに、ローマ帝国と国民が神の祝福を受けた集団であることを、起源にさかのぼって理由付けた著作でもある。それゆえ、時の皇帝アウグストゥスもこの作品の完成を待ち望んだ。またそれだけではなく「訳者序言」にあるとおり、「格調においてローマのあらゆる詩作中、これに比肩するものはない」。

  • トロイア陥落後船団を率いて脱出したアイネアス。嵐に襲われカルタゴに漂着する。カルタゴの女王ディドーの歓待。アイネアスが語るトロイア陥落の模様。アイネアスの漂流。ハルピュアの予言。ネオプトレモスの死後その王国を受け継いだヘレノスとアンドロマケとの再会。アンキセスの死。ディドーとアイネアスの恋。イタリアに向けて出発するアイネアス。アイネアスを恨み剣で自らの胸を貫くディドー。シチリアへの到着。アンキセスの追悼競技大会。これ以上の旅を拒否する女たちの船への放火。イタリアへの到着。アンキセスの遺言に従い冥界へ下りるアイネアス。冥界でのディドー、デーボポイスとの再会。ラウレンテース族の王ラティーヌスの娘ラウィーニアとアイネーアスとの結婚。ラティーヌスの婚約者だったルトゥリー族の王トゥルヌスの怒りと戦争。

  • 著者は古代ローマの詩人。アウグストゥスの時代。ダンテの神曲にも出演。

  • 古くても、この泉井久之助訳をおすすめする。
    おすすめといっても岩波文庫は上巻しかデータにないし、上下揃いのものを新しく手に入れようとしたら、途方もなく高価だし。
    だからなんとかしてください、岩波書店さま!
    塩野七生『ローマ人の物語』が売れるんだったら、これも売れるでしょう? というわけにはいかないものでしょうか。
    ダンテやペトラルカを読みたかったら『アエネーイス』は避けられないし、英文学を読む人も、きっとどこかで「ヴァージル」という名を耳にするはず。「
    ディドーとエネアス」というオペラをご存知の方も(これが原作です)。
    ヘクサメター(六脚韻詩)という、英雄譚に相応しい見事な音律で綴られる定型叙事詩を、これまた見事な七五調に移して読ませてくれます。
    フィッツジェラルドによる名英訳があるそうですが、この日本語訳ももっと誇っていいのに。
    誇りたいのに入手困難。やっぱりなんとかしてください。

  • Flectere si nequeo Superos, Acheronta movebo.

全7件中 1 - 7件を表示

ウェルギリウスの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
アポロドーロス
J.L. ボルヘ...
ウンベルト エー...
遠藤 周作
シェイクスピア
ドストエフスキー
ヘルマン ヘッセ
有効な右矢印 無効な右矢印

アエネーイス (上) (岩波文庫)に関連するまとめ

アエネーイス (上) (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする