アエネーイス (下) (岩波文庫)

制作 : 泉井 久之助 
  • 岩波書店
3.64
  • (2)
  • (4)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 60
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (453ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003211526

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 最後の戦いは熱いです。お互いの主張というか、それが一方的ではなく描かれていて流石というか。アエネーアースの敵将であるトゥルヌスの妹のユートゥルナの献身とやり手っぷりなんかも面白く読みました。

  • PDF

  • 「借」(大学の図書館)。

    ギリシアラテン文学の授業で紹介された。
    ローマ建国に向かうアエネーアースの活躍を描いた叙事詩。
    多少読みにくかったのは詩に慣れてないから。

  • イタリアでの戦いに備えて援軍をこうために本隊を離れたアイネアス。アルカディア王エウアンデルの加勢。僭主を追放したエトルスキー。海外から来たものを王とせよとの予言に従いアイネアスの援助を申し出る。アイネアスの留守中にトロイア軍に戦いを仕掛けるトゥルヌス。アイネアスに危機を知らせるために使者を送るが途中に殺される。アイネアスの息子ユールスの初陣。トゥルヌスの奮戦。寡兵のため撤退するトゥルヌス。ニンフ達により危機を知らされるアイネアス。アイネアスの船団の帰還。出撃し出迎えるユールス。アイネアスとの和平に傾くラティース。トゥルヌスの反対。アイネアスとトゥルヌスの一騎打ち。

  • うーん、翻訳が悪い!!
    七五七五、、、、という韻文訳にしてるんだけど、読んでいて、リズムばかりが頭にこびりついてしまい、意味内容の解読に頭が回らないです。
    おまけに、ひとつながりの文節を、七五七五に合わせるために途中で読点入れて改行したりするので、ますます意味がとりづらい。
    ここまできっちりと日本語の韻文にしちゃっているということは、かなりの意訳&飛躍的言い換えをしているはずなので、原文はどうなっているのかと思うと不安になる。
    こんな訳し方は、海外文学では無意味だからやめてほしい。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

ローマ最盛期の詩人(前70~前19)

「2013年 『アエネーイス』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ウェルギリウスの作品

アエネーイス (下) (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする