プルターク英雄伝 7 キモーン,ルークルルス,ニーキアース,クラッスス (岩波文庫 赤 116-7)

著者 : プルターク
制作 : 河野 与一 
  • 岩波書店 (1955年1月25日発売)
4.00
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :15
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (212ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003211670

プルターク英雄伝 7 キモーン,ルークルルス,ニーキアース,クラッスス (岩波文庫 赤 116-7)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 新書文庫

  • アテナイの政治家キモンとニキアス、ローマの将軍ルクルスとクラッススの伝記が収録されている。キモンとルクルスは異民族(アジア)に対する遠征を行ったという共通点から、ニキアスとクラッススは戦争に敗れた将軍という点から比較がなされている。この巻では、ギリシャ側の人物の伝記の量は、ローマ側に比べると非常に少なくなっている。とりわけ、ルクルスがポントス王ミトリダテスやアルメニア王ティグラネスと行った戦争については非常に詳しい描写がなされている。

  • PDF

全4件中 1 - 4件を表示

プルタークの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
アポロドーロス
A. アインシュ...
有効な右矢印 無効な右矢印

プルターク英雄伝 7 キモーン,ルークルルス,ニーキアース,クラッスス (岩波文庫 赤 116-7)はこんな本です

プルターク英雄伝 7 キモーン,ルークルルス,ニーキアース,クラッスス (岩波文庫 赤 116-7)を本棚に登録しているひと

ツイートする