プルターク英雄伝 8 セルトーリウス,エウメネース,アゲーシラーオス,ポンペーイウ (岩波文庫 赤 116-8)

著者 : プルターク
制作 : 河野 与一 
  • 岩波書店 (1955年7月25日発売)
4.25
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :16
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (239ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003211687

プルターク英雄伝 8 セルトーリウス,エウメネース,アゲーシラーオス,ポンペーイウ (岩波文庫 赤 116-8)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 岩明均の「ヒストリエ」の主人公、無敗将軍エウメネスをはじめ、ポンペイウスなどの英雄が登場。解説が充実しています。

  • スペインでポンペイウスを苦しめたローマ人セルトリウス、ギリシャ出身ながらアレクサンドロス死後のマケドニアで一大勢力となったエウメネス、スパルタ王アゲシラオス、ポンペイウスの伝記を収める。伝記の分量としては、アゲシラオスとポンペイウスのものが最も多い。アゲシラオスについては、リュサンドロスの尽力によってスパルタ王になれたのに、彼を後に排斥した点は批判されているが、武将としての才覚についてはポンペイウスよりも高く評価するなど、プルタルコスのギリシャ贔屓が随所に見られる。とはいえ、セルトリウスとエウメネスについては、味方の裏切りによって殺されたセルトリウスを高評価している点で、プルタルコスは公平でもある。

  • PDF

全4件中 1 - 4件を表示

プルタークの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
シェイクスピア
A. アインシュ...
有効な右矢印 無効な右矢印

プルターク英雄伝 8 セルトーリウス,エウメネース,アゲーシラーオス,ポンペーイウ (岩波文庫 赤 116-8)はこんな本です

プルターク英雄伝 8 セルトーリウス,エウメネース,アゲーシラーオス,ポンペーイウ (岩波文庫 赤 116-8)を本棚に登録しているひと

ツイートする