アベラールとエロイーズ 愛の往復書簡 (岩波文庫)

制作 : 沓掛 良彦  横山 安由美 
  • 岩波書店 (2009年9月16日発売)
3.63
  • (3)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :68
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (324ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003211922

作品紹介・あらすじ

アベラールの自伝「厄災の記」が語る神学者の栄光と蹉跌、去勢事件、修道士への転身。「神なき修道女」となったエロイーズからの懊悩の手紙に、いかに答え、いかに導いたか。中世古典の白眉から「愛の手紙」部分を新訳。波瀾の男の最期を伝える資料を付す。

アベラールとエロイーズ 愛の往復書簡 (岩波文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • エロイーズの文章がすごく綺麗ですっと入った。ここまで素直で、まっすぐな文章でのラブレターっていいなって思う!!

  •  中世哲学を学ぶ途上で絶対に避けて通ることができない人物がいる。アベラールという当代随一の神学者が、才女エロイーズと出会ったことから、彼の人生最大の幸福と不幸が同時に去来することとなった。

     その文章を読めば、エロイーズの高い知的能力のほどが伺える。

    ・・・クセノフォンとその妻を相手に、賢女アスパシアが用いた論法がまさにこれでした。その賢女は、二人をお互いに若いさせるためにお得意の帰納法を用いたわけですが、それは次のようなことばで結ばれています。

     ですから、この世にはこれ以上立派な男性も、これ以上魅力的な女性もないのだということを納得されないかぎり、あなた方は最善だと思われる相手をずっと探し続けるほかありません。つまりご主人、あなたが最良の女性の伴侶であり、奥様が最良の夫の妻であるということになるまでは。

  • 岩波文庫(赤) 080/I
    資料ID 20102004627

  • なんでこの本が霞が関に捨てられていたのか、わけがわからない。

  • 2010/2/1購入

全5件中 1 - 5件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
J.L. ボルヘ...
ジェイムズ・P・...
J.L.ボルヘス
ヘミングウェイ
三島 由紀夫
村上 春樹
ウィトゲンシュタ...
キェルケゴール
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

アベラールとエロイーズ 愛の往復書簡 (岩波文庫)はこんな本です

アベラールとエロイーズ 愛の往復書簡 (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする