ソネット集 (岩波文庫 赤 205-5)

制作 : 高松 雄一 
  • 岩波書店
3.64
  • (11)
  • (10)
  • (21)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 146
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (295ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003220559

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • メモ…好きなんだけどちょっと笑ってしまう。その後またほっこりする。

  • PDF

  • シェイクスピアといえばやはり戯曲のほうが断然有名で、詩集というのは一般にあまり知られていないことに加えて、シェイクスピア自身の伝記というか人物、私生活なんかもあまり知られていないのではないかと思うのですけれど、これを読むにあたって初めて知って驚いたのが、実はシェイクスピアにゲイ疑惑があったこと。そんなわけでこの詩集は大半が、男性の恋人に宛てられたものになります。戯曲よりシェイクスピア本人の生の声が出ている印象で、なかなか興味深かったです。

  • いま、日本語で読んでもこれだけ気持ち良いんだから、
    その凄さが窺い知れる。

    原文で読むと、さぞ気持ち良いんだろうなぁ。

  • ずっと気になっててやっと購入

    もう大好きシェイクスピアとしか言えない
    リズムとか表現が素敵過ぎて苦しい
    どんなもの食べたらこんな綺麗な表現が出来るのかしら

  • 「きみは子どもを持つべきだ」という詩がえんえんと、20数篇続いてることに驚いた。きみという美を受け継がないことは、この世にとって損失だとかなんとか。こんこんと説き続けるシェイクスピアは、F先生をほうふつとさせました。
    いのちをつないでいくこと、子どもを生むことって素晴らしいことだなあと思いましたよ。

  • ソネットといえばペトラルカでしょう、なんて思いながら、興味があって昔読んだ。実は、彼の壮大な悲劇に取り組むには、体力と精神力が必要だから、消極的にお手頃なところで、というのが真実。それにしても韻の踏み方、音のリズムが素晴らしい。これ、日本語にするのは至難の業だなー、って感心しながら読んだ。

  • 好きな男の子にマッチの等価交換としてもらった記念の一品なので、中身よりもその思い出のほうがでかいうんこ。いや、それでかなり読みました…。いやでもすげーなって、しかも、な、なんとなく……だ!へけー!!黒い女めが!(言ってみただけ)
    思い出は四大元素。

全10件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1564年イギリス・ストラットフォード生まれ。1592年頃にロンドン演劇界で劇作家として幸運なスタートを切る。およそ20年間劇作に専念し名をなす。1616年没。

シェイクスピアの作品

ソネット集 (岩波文庫 赤 205-5)を本棚に登録しているひと

ツイートする