ロミオとジューリエット (岩波文庫)

制作 : 平井 正穂 
  • 岩波書店
3.56
  • (17)
  • (26)
  • (47)
  • (6)
  • (0)
  • 本棚登録 :280
  • レビュー :31
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003220566

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2017.12.6読了。登場人物欄の人名が多い割に劇中では名前が出てなかったり、逆に一覧には〇〇の夫人などと書かれているのに劇中では名前が出てきたり、わざわざ口上役や舞台の場所まで表記されたりしてるのは初めてだ。てか口上でストーリーのあらすじどころか結末まで語ってしまうのか!演劇物は小説とは違うのだなぁとしみじみ思う。特に韻を踏んだ言葉遊びは舞台劇ならではだな。あれは耳で聞いた方が面白いのは経験で知っている。にしても隠語の多いこと!純粋な主人公達との対比として描かれていると解説ではあったが、どの時代の何処の場所でも下品な話は受けるのだな。ジュリエット母の言葉でその年頃にはお前という子を生んでいましたとあった。つまり13、14で子を産むのが普通だったのだ。今は出産適齢期が知識としてあるが何故こんなにも早く産む必要があったのだろうか。これは昔の日本にも当てはまることではあるがそれだけ死ぬのも早かったということか。でもこの年齢を考慮すると登場人物達は皆かなり若いんだなぁ。衝撃だったのはロミオが登場時は別の娘にゾッコンだったということだ。この事実だけでこれからの全てに関する事に対して若気の至り感が倍増である。有名なバルコニーの場面は台詞もそのままにちゃんとあった。そして意外だったのがめっちゃ人死がある。読む前は主人公達だけが亡くなるのかと思ってたが彼ら以外に3人死んでる。思ってたより悲劇だった。ジュリエットは特に若気の至り真っしぐらで悲劇に酔ってる感が凄まじい。さらにその酔いしれてる時に乳母が現れるとけろっとするのがいかにもまだウブな子供なんだなというのがわかる。だがなるほど運命、時、死の道化か。悲恋だけでなく弄ばれた2つの命として見るとまさしく悲劇だ。にしてもまともなのはロレンス神父だけか。やっぱ神父様は神に仕えてるだけあってしっかりしてるしすごくお優しいな。叱ってもくれるし必ず手を差し伸べてくれる。終わりは案外あっさりしていたなぁ。解説であった時間のズレは私も感じた。たった一週間程度の物語なのにじれったさすら覚えた。でも物語とは案外そんなものなのかもしれない。

  • 名作。
    今の自分には無理だけど、原書で読むことができればもっと惹き込まれると思います。

  • 若きシェイクスピアが描いた不朽の名作。
    ヴェローナ市を舞台にモンタギュー家とキャピュレット家という啀み合う両家に生まれたロミオとジュリーエット。
    二人は運命に翻弄され、悲劇的な結末を迎える。

    非情な運命とは言え、純情な二人が最終的に一つとなり死んでいく流れは、悲劇ではあるが美しさをも感じた。

    ロミオとジュリーエットの恋愛は一週間弱と短いものだが、舞踏会での接吻、その夜のバルコニー・シーン、翌日のキャピュレット家庭園での別れという二人の詩的な掛け合いの場面はリズミカルで、ほろ甘く、汚れを知らぬ美しさに満ちたものである。

    シェイクスピア作品は初めてであるが、読み始めたらすぐに惹き込まれた。

  • これを読んで、全く違和感なく読めてしまうことは、むしろ少しおかしなことだと思った。400年も前のイギリスで描かれた作品である。

    仮に400年前のアフリカ文学、オーストラリアの文学、南米の文学、そういうものがあったとして、僕がそれを読もうと思ったら、時代の違い、風土の違いを超えるためにかなりの労力を覚悟するだろう。それに比べて、このロミオとジュリエットは「ちょっとコンビニへ」くらい近い。一方で、こちらの想像を超えるような展開や、思わぬテーマに出会うことは極端に少ない。

    それは、この作品の問題ではなく、現代の日本で暮らす自分の身の回りに「ロミオとジュリエット」の反映があるということではないか。僕はそれらの作品を通して、既に何度も何度も「ロミオとジュリエット」を見てきたのではないか。自らの川の上流に位置するこの作品に「初めて出会う」ということは不可能なのかもしれない。

  • シェイクスピアの本を初めて読んでみた。これがなかなか面白い。あっという間に読んでしまった。
    2つの家筋がお互いにいがみ合っていて、愛が翻弄された形。なんと理不尽な。死んだようになれる薬を持ち出したのはなかなかぶっ飛んでて面白かった。
    シェイクスピアのほかの本も読んでみたい。

  • 5日間で起きたこととは思えないくらいの濃さ。運命に巻き込まれる二人。

    ジュリエットの意志の強さが印象的。自分で選んだ夫と運命を共にしようという決意がある。
    ロミオは直前まで違う女性に恋をしていたり、ジュリエットと会った翌日に喧嘩に巻き込まれたりと、フラフラしている感じもするけど、純粋な人だと思う。

    シェイクスピアのほかの作品も読んでみたい。

  • 構造的に結構面白かった

  • あまりにも人口に膾炙した物語というのは、それだけで作品を読んだような気になってしまうものですが、実はちゃんと読んだことなかったよなあとある日思い立ったのがこの『ロミオとジュリエット』。古今の映画のイメージだとひたすらロマンチックですが、どうして主役二人が一目会ったその時から死をも辞さないほどの恋に落ちてしまうのかというのが戯曲だと伝わりにくいので、あえて不幸へと不幸へと転がってゆく展開に「なんでよ?!」と思うこともしばしば。意外と言葉遊びとか駄洒落(しかも下ネタ!)とかが多用されているので翻訳だと表現が難しそうなこともあって、現代人にはちょっと理解しづらい部分が多いかも。

  •  
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/4003220560
    ── シェイクスピア/平井 正穂・訳《ロミオとジューリエット 19880216 岩波文庫》
     
    ── ギリシャ神話《ピュラモスとティスベ『桑の木』》
    ── シェイクスピア《Romeo and Juliet 1595‥‥ England》
     Shakespeare, William 15640426 England 16160423 52 /16160503 in Gregorio
     
    ── ハムレットとドン・キホーテの作者は「奇しくも同じ日に没した」
    と伝えられて久しいが、旧暦と新暦の日付が同じために生じた誤解で、
    実は十日間前後する。 誰がまちがって、誰がただしたのか。
    http://d.hatena.ne.jp/adlib/19920423 四月二十三日の忌譚
     
    http://www.enpitu.ne.jp/usr8/bin/search?idst=87518&key=%A5%B7%A5%A7%A5%A4%A5%AF%A5%B9%A5%D4%A5%A2
     ↑シェイクスピア ↓シェークスピア
    http://www.enpitu.ne.jp/usr8/bin/search?idst=87518&key=%A5%B7%A5%A7%A1%BC%A5%AF%A5%B9%A5%D4%A5%A2
     
    “ロミジュリ”
     
    ── ロミオが15歳、ジュリエットは13歳です。ついでにこの物語は
    ある日曜の朝に始まり 5日後の金曜の朝に終わります。
    http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1013460010
     
    http://www.enpitu.ne.jp/usr8/bin/search?idst=87518&key=%A5%ED%A5%DF%A5%AA%A4%C8%A5%B8%A5%E5%A5%EA
     ↑ロミオとジュリ ↓ロメオとジュリ
    http://www.enpitu.ne.jp/usr8/bin/search?idst=87518&key=%A5%ED%A5%E1%A5%AA%A4%C8%A5%B8%A5%E5%A5%EA
     
     音楽(バレェ)
     
    18391124 初演 ベルリオーズ《劇的交響曲「ロメオとジュリエット」》
    18670427 初演 グノー《歌劇「ロメオとジュリエット」》
    18700316 初演 チャイコフスキー30《幻想的序曲「ロメオとジュリエット Moscow》Rubinshtein,N
    19070221 初演 デリアス《歌劇「村のロメオとジュリエット》
     
    ── 《Ромео и Джульетта 1936‥‥-1946‥‥ Russia》
    1936‥‥ 初演 プロコフィエフ45《バレエ「ロメオとジュリエット》セバスチャン 19381230 Czech》
    1937‥‥ 初演 プロコフィエフ《「ロメオとジュリエット」からの10の小品》ピアノ独奏用組曲
     
    19361124 初演 プロコフィエフ《交響組曲「ロメオとジュリエット」第1番 Op.64bis Moscow》
    1937‥‥ 初演 プロコフィエフ《交響組曲「ロメオとジュリエット」第2番 Op.64ter Leningrad》
    19400111 ラブロフスキー演出・振付、ウィリアムス美術、ファイエル指揮
    (ガリーナ・ウラノワのジュリエット、セルゲーエフのロメオ)Soviet 初演
    1946‥‥ 初演 プロコフィエフ《交響組曲「ロメオとジュリエット」第3番 Op.101 Moscow》
     
     映画
     
    ── 《ロミオとジュリエット 191005‥ ?》
    http://d.hatena.ne.jp/adlib/19750101 輸入映画総目録 Ⅰ
     
    ── キューカー監督《ロミオとジュリエット 1936‥‥ America》ハワード&シアラー
    ── カステラーニ監督《ロミオとジュリエット 1954‥‥ England》ハーヴェイ&シェントル
    ── ラブロフスキー監督《ロミオとジュリエット物語 1954‥‥ Soviet》ジダーノフ&ウラノワ
    ── フレーダ監督《ロミオとジュリエット 1964‥‥ Italy》メニエル&デクスター
    ── ゼフィレッリ監督《ロミオとジュリエット 1968‥‥ Italy》ホワイティング&ハッセー
    ── ラーマン監督《ロミオ+ジュリエット 1996‥‥ America》ディカプリオ&デインズ
    ── カルレイ監督《ロミオとジュリエット 2012‥‥ Italy America》ブース&スタインフェルド
     
     ミュージカル
     
    ── ローレンツ翻案《ウエスト・サイド物語 1957‥‥ America》バーンスタイン音楽、ロビンス演出
    ── プレスギュルヴィック作詞・作曲《ロミオとジュリエット 2001‥‥ France》2010 宝塚歌劇団
     
    (20120708)
     

  • 翻訳の悲しさ、というよりある文化で培われた本をその文化の言語で触れることができない悲しさというものは想像を絶する。英語くらいだったらそれなりの程度には読むこともできるかもしれないけれど、シェイクスピアの時代の英語はもう無理。岩波は相変わらずお堅いけれど信頼のおける翻訳。

全31件中 1 - 10件を表示

ロミオとジューリエット (岩波文庫)のその他の作品

ロミオとジューリエット (岩波文庫) Kindle版 ロミオとジューリエット (岩波文庫) W.シェイクスピア

W.シェイクスピアの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
シェイクスピア
シェイクスピア
ジェーン オース...
ウィリアム シェ...
シェイクスピア
三島 由紀夫
ヘミングウェイ
フランツ・カフカ
ウィリアム シェ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ロミオとジューリエット (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする