ガリヴァー旅行記 (岩波文庫)

  • 岩波書店
3.69
  • (70)
  • (76)
  • (139)
  • (8)
  • (2)
本棚登録 : 1152
レビュー : 110
  • Amazon.co.jp ・本 (461ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003220931

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「 奇書 」である。
    森友・加計問題に重なる部分も。官僚や首相の取巻きは必ず腐敗するものと断じる一節があるのだ。

    * * * * *
    後半、最終章「 フウイヌム国渡航記 」から、筆者の人間批判が顕在化する。筆者ガリヴァーは馬人族フウイヌムの高潔な精神に心酔。故国英国の人間と社会の低劣さ愚かさ、嘘と欺瞞を嘆く。此の国では、人間はヤフーと呼ばれる、醜悪な家畜として蔑まれている。ガリヴァーも“同族である”ヤフーを“同族嫌悪”する。ガリヴァーはもはや人間社会への復帰を求めず、数年ぶりに再会した家族すら忌み嫌い、自室に隠棲する。

    前述の如く、当時の英国政治・社会への批判・嫌悪が、随所に織り込まれる。
    フウイヌム国の第六章で、筆者は英国及び欧州の宮廷や政治の現状を説く。(p360〜)
    曰く、
    『 …きまって主君の意向や欲望に唯々諾々として従う連中だ/ 己の権力の保持に汲々とする。そして/後日罪を糾弾される憂いを断っておいて、国民から掠めとった財産をしこたま抱え込んだまま、見事に公職から退くというわけである。』
    さらに 「 首相官邸 」( 本文ママ )の人間達を以下の如く論ずる。
    『 …こういった連中は、首相が他の人々に恩恵を施す際のトンネルの役目も果たしている。/この連中こそわが王国の支配者といっても間違いではない。 』
    我国の首相秘書官や理財局長の嘘と隠蔽、保身を思わせる。

    また「 グラブダブドリップ渡航記 」の第八章 「 古代史と近代史の訂正 」もショッキングである。グラブダブドリップというのは此の国の言葉で妖術者や魔法使いの意。この国の族長は降霊術を使える。そこでガリヴァーは、族長に依頼し歴史的人物達の霊を次々に降霊。近代以降の各国君主を招き彼らの実像を暴く。曰く、多くの権力者達は、その人格や勇気、智慧によってその地位を得たのではない。密告、裏切り、偽証、腐敗と買収、悪意と陰謀などの策を巧みとする者達が地位を騙し取った、それが真実と断じる。そして彼ら君主の権威や品格を伝える史書は改竄された偽の史料だとする。
    歴史の真実は闇の中だが、そうした側面も大いにありうる、と思い、背筋が寒くなる思いがした。

    表紙カバーの解説文曰く、
    「 人間そのものに対する 戦慄すべき呪詛 」。

  • スウィフトがこの作品を記してから狂死していたとは。4篇から成る航海記を読破し、「成る程」と妙に納得してしまった。

  • 高校の世界史の教科書でも紹介されるガリヴァー旅行記。

  • 幼い頃から知っていたけど、きちんと読んだことがなかったので読んでみました。

    最初はファンタジーで読みやすいなと思っていましたが、読み進めるうちに政治や法律の話が出てきて…これはただのファンタジーではないぞと感じました。

    こんなにも軽やかに、でも辛辣に人間の世界を風刺できるものなのかと感心しました。終始読みやすかったので、なおさら印象的でした。

  • こんな話やったなんて全く知らんかった。

    小人の国と巨人の国を楽しく読んでたら、途中で政治の話ばっかりになって心が折れそうになった。
    このまま政治の話ばっかりかと思ったけど、最後の馬の国で人間の愚かな部分を無くして生きようとしてて面白かった。
    でもヤフーへの扱いが酷くて複雑な気持ち…。

    人間は愚かな所があるけど、でもそれがあるから深みが出るし、面白いところなんやろうなぁと思った。
    何回読んでも楽しめる本やと思った。

  • スウィフトらしい皮肉たっぷりの作品。

    色んな冒険をしながら人の愚かさを伝えてくる。

    皮肉が好きな人におすすめ。

  • リリバット国は当時の人物に対する皮肉だけなのでそうでもなく物語として楽しく?読めるのだけど、後に行くほど人間全体への皮肉へと発展していく。ヤプーズを青春時代に聞いて育った身としてはもう最後、主人公が人間と付き合うことに怖気を覚え家族とすら食事もできず馬とのみ分かり合えると思える描写震えました。何より解説で、著者が精神疾患であった事実。狂った人が書いた物語なのか? あまりに人間の悪の本質を詳らかに露呈していて怖くなる。皮肉でここまで書けるものなのか。

  • ‪とても皮肉の効いたスウィフトらしい物語。

    ‪【訪問国】‬
    ‪1,小人の国 リリパット‬
    ‪2,巨人の国 ブロブディンナグ‬
    ‪3,空飛ぶ島 ラピュータ(バルニバービ)‬
    ‪死霊術が使える グラブダブドリブ‬
    ‪不死者がいる ラグナグ‬
    ‪日本‬
    ‪4,馬の種族の国 フウイヌム‬

  • この旅の物語がこれほど怒りに満ちた物語だったとは。。
    子どもの頃に誰もが読んだ小人の国、巨人の国の話は、それぞれ原作の第一篇と第二篇の抜粋に過ぎない。原作は、これでもかというくらい、風刺と皮肉のてんこ盛り。そして、第三編の空中に浮かぶ島国を経て、怒りの頂点は、馬が支配する国を描いた第四篇にやって来る。馬が、獣人 (=人の形をしたけだもの)を家畜同然に扱うという設定からして、奇異な気配を感じるが、さらにこの馬が極めて理性的であり、馬の国では統治らしい統治が不要であるということに至って、これはもう人間否定・人間嫌い以外の何ものでもないことが分かる。なぜ、政治が必要なのか、なぜ法律が必要なのか、なぜ戦争が起きるのか。こうした馬の質問に答えることで、人間の愚かさが浮かび上がり、その愚かさへの怒りに満ちてくる。第四篇を読むに至って、第三篇までは怒りの序章にすぎなかったことに気づく。
    尚、ガリヴァーはこの旅行記の中で日本に立ち寄っていること、空中に浮かぶ島が「ラピュータ」という名であること、そして、獣人が「ヤフー」という呼ばれることは特記しておこう。

全110件中 1 - 10件を表示

スウィフトの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島由紀夫
ドストエフスキー
東野 圭吾
フランツ・カフカ
ドストエフスキー
ヘミングウェイ
スペンサー ジョ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ガリヴァー旅行記 (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×