トリストラム・シャンディ 上 (岩波文庫 赤 212-1)

制作 : 朱牟田 夏雄 
  • 岩波書店 (1969年8月16日発売)
3.59
  • (12)
  • (9)
  • (25)
  • (2)
  • (1)
  • 本棚登録 :269
  • レビュー :15
  • Amazon.co.jp ・本 (455ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003221211

トリストラム・シャンディ 上 (岩波文庫 赤 212-1)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ああ、また変な本を読み始めてしまった…。失笑を禁じえないほどくだらない本。真面目に読む価値はありません。というか忙しい人は読んじゃダメ、絶対。超絶寒いオヤジギャグを連発されて反応に困る、というのが一番近い感覚。当時の人はこれを読んでどう感じたんだろう…。
    名前や鼻の大きさが人生を左右すると狂信する父親と、マイワールドに浸る叔父。トリストラム・シャンディ関係ないやんとか、脱線やナンセンスにツッコんだら負けです。それこそ作者の思うツボ、と思いながらもツッコまずにはいられないのが悔しい。

  • 再読。いつ読んでもひどいw(誉めてます)
    主人公=語り手が、自分の生涯と意見を述べる本。

    冒頭(序文ではない)は、主人公を両親が「しこむ」場面。生涯ってそこから!?と言いたくなるが、話は脱線に次ぐ脱線、主人公は一向に生まれてこない…

    下ネタ嫌いにはお勧めできないかも。あとちょっと長くて、途中で飽きちゃうかも。

  • 話は全然進まないし、ずっと寄り道。
    ただし、おもしろすぎます。

  • 脱線に脱線を重ねる一大奇書。

  • たまに一文が一頁くらいある。
    句読点の「。」でのみブレスする人にはジャックマイヨールなみの肺活量が求められる。

  • 18世紀中旬、アイルランド出身の田舎牧師が突如出版したパロディ小説。あらすじとしては紳士トリストラムの自伝的小説となるのだが、それを彼が受精される所から始めるという無茶っぷり。その後も話は進むかと思えば脱線を繰り返し、上巻の終盤、全9巻中3巻に入ってやっと誕生するという有様。他にも真っ黒に塗りつぶされただけの頁やポロックばりの墨流し模様の頁、3巻で突如自序が挿入されたりと突っ込み所は数知れず。これは本文にある「読書の生命、真髄は、脱線です」の言葉通り、私を語れば語る程解体されていくメタ私小説なのだろう。

  • レヴュは下巻にて

  • 地震の後に、死ぬまでに読んでおきたい本に手をつけたいと思って読み始めた。
    世紀の奇書として有名だったので身構えてたら抱腹絶倒。
    セルバンテスに影響を受けてるのも納得、『ドン・キホーテ』に近いおもしろさだった。
    脱線に継ぐ脱線、手法の新しさ(白紙、なぜかストーリーを線で表すなど)は当然ながら現代では驚くほどではなかったけど、時代を思えばとんでもない奇才だということがわかる。
    あと、これだけ引っ張って、あの中絶っぷりも最後に笑ってしまった。
    スターンは病死して途絶したから笑うことではないけど、作品としてはものすごいオチだと思った。

  • ニーチェの『人間的、あまりに人間的』(ちくま文庫)p91でこの作家の存在を知った。

  • 『ドン・キホーテ』の末っ子。

全15件中 1 - 10件を表示

トリストラム・シャンディ 上 (岩波文庫 赤 212-1)のその他の作品

トリストラム・シャンディ 上 (岩波文庫) Kindle版 トリストラム・シャンディ 上 (岩波文庫) ロレンス・スターン

ロレンス・スターンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャン ジュネ
フランツ・カフカ
谷崎 潤一郎
安部 公房
エミリー・ブロン...
ウラジーミル ナ...
ドストエフスキー
J.L. ボルヘ...
J‐P・サルトル
有効な右矢印 無効な右矢印

トリストラム・シャンディ 上 (岩波文庫 赤 212-1)に関連するまとめ

トリストラム・シャンディ 上 (岩波文庫 赤 212-1)を本棚に登録しているひと

ツイートする