トリストラム・シャンディ 中 (岩波文庫 赤 212-2)

  • 155人登録
  • 3.46評価
    • (6)
    • (2)
    • (17)
    • (0)
    • (1)
  • 7レビュー
制作 : 朱牟田 夏雄 
  • 岩波書店 (1969年9月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (431ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003221228

トリストラム・シャンディ 中 (岩波文庫 赤 212-2)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 相変わらずのくだらなさだけど、上巻より読みやすい。話中話「スラウケンベルギウスの物語」が面白かった。芥川やゴーゴリに先行する鼻文学。大きい鼻は正義らしい。
    ラブレーの引用がやたら出てくるので、そっちを先に読めばよかった。とはいっても、引用の意味なんてわからなくてもどうってことないのだが…。全てが遊びみたい。取り止めがなさすぎて感想が書けない!このおっさんの頭ん中どうなっとんねん。

  • 中巻終わり!
    主人公が主人公じゃない…。

  • シャンディ氏なかなか生まれません。

  • 頻繁に読者に話しかけてくる。
    小説読んでるというより落語聞いてる感覚。

  • 章について語る章あれば、何一つ語られぬ白紙の章も表れたりと相変わらずのやりたい放題。滑稽さと諧謔さに溢れた内容だが、アイルランドというのは異端文学の系譜でも存在するのだろうか。その皮肉ぶりはスウィフトから受け継ぎ、己の美学を貫き通す様はオスカーを想起させる。またロックの連想作用を取り入れたその技工は「意識の流れ」としてジョイスへと継承され、全編を通して漂う不条理さはさながらベケットの戯曲の様だ。また極東の地では、明治時代に影響を受けた作家が名無しの猫を主人公とした小説を執筆するのだが、それはまた別の話。

  • レヴュは下巻にて

全7件中 1 - 7件を表示

トリストラム・シャンディ 中 (岩波文庫 赤 212-2)のその他の作品

トリストラム・シャンディ 中 (岩波文庫) Kindle版 トリストラム・シャンディ 中 (岩波文庫) ロレンス・スターン

ロレンス・スターンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウラジーミル ナ...
J.L. ボルヘ...
ドストエフスキー
安部 公房
安部 公房
ジェイムズ・P・...
ウィリアム シェ...
ハーマン・メルヴ...
ドストエフスキー
ドストエフスキー
ウンベルト エー...
ウンベルト エー...
有効な右矢印 無効な右矢印

トリストラム・シャンディ 中 (岩波文庫 赤 212-2)に関連するまとめ

トリストラム・シャンディ 中 (岩波文庫 赤 212-2)を本棚に登録しているひと

ツイートする