幸福の探求――アビシニアの王子ラセラスの物語 (岩波文庫)

制作 : 朱牟田 夏雄 
  • 岩波書店
3.67
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 36
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003221440

作品紹介・あらすじ

世間の波風の及ばない桃源郷のような"幸いの谷"に暮らす王子ラセラスは、倦怠感を覚え、外の世界に憧れる。王子は妹ネカヤアらとともに谷を脱出し、広い世間に出て様々な人びとに出会い、真の幸福を探すのだが…。ボズウェルによる伝記でその名を知られる18世紀英国の傑物ジョンソン博士(1709‐1784)が書いた唯一の小説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • アビシニア、今のエチオピアの王子と王女が真の幸福を求めて旅をする過程で様々な議論が交わされる。小説の形をとってはいるが、基本的には著者の人生論・幸福論が非常に道徳的に堅苦しく語られる一種の思想書である。読んでためにならないとは思わないが、若者らしい色恋が全く書かれていないなど、堅物すぎて人間臭さのない空論の書に思える。18世紀にはそれでよかったのだろうが。

  • 岩波文庫:赤 080/I
    資料ID 2011200108

全2件中 1 - 2件を表示

サミュエル・ジョンソンの作品

幸福の探求――アビシニアの王子ラセラスの物語 (岩波文庫)に関連するまとめ

ツイートする