ブレイク詩集 (岩波文庫)

制作 : 寿岳 文章 
  • 岩波書店 (2013年11月16日発売)
4.14
  • (3)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 48人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (448ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003221730

作品紹介

書誌学者としても知られる英文学者・寿岳文章(一九〇〇‐一九九二)は、若き日から並々ならぬ熱意でブレイク(一七五七‐一八二七)に打ち込んできた。ダンテ『神曲』の翻訳とともに寿岳の最も重要なライフワークとなったブレイク詩の翻訳の精髄を一書に集成。

ブレイク詩集 (岩波文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「無心のまえぶれ」・・・人間の宿命を、よく動物に喩えて顕していると思います。赤子・幼子を大切にすること・敬うこと・自分に対して正直であること、「大人」を行うほど分からなくなっていく事が書かれていると思います。人間や社会の風刺も在りました。作者は比喩や隠喩を描くのが上手いと思います。

     「ひとつぶの砂にも世界を  いちりんの野の花にも天国を見  
      きみのたなごごろに無限を  そしてひとときのうちに永遠をとらえる」 


     「天国と地獄の結婚」・・・前半は、世の中で、良いことと思われていることが悪いこと・悪いことと思われていることが良いことという考えを、表現を変えて顕していると思います。箴言が書かれていましたが、作者はここでも動物を人間に喩えています。詩的な観察力があるのでしょうか。史実では、ブレイクは幻視を見たとの事。

     「もし知覚の扉が浄められるなら、あらゆるものはそのありのままの姿の無限を人に顕すであろう」


     「永遠の福音」・・・罪=絶望の赦しが、キリストの教えで価値があるとの事。多数派(majority)ではなく、少数派(minority)に、作者の考えるキリストが味方するとの事。最後の数行に書かれていた、イエスの生き方は、ヘッセの「クヌルプ」の主人公の行き方と似ていると思いました。

     「この形而下の人生はつくりもの、土台も屋根も矛盾だらけ」
     
     

  • 岩波文庫 080/I
    資料ID 2013200487

全2件中 1 - 2件を表示

ウィリアム・ブレイクの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
アントニオ・タブ...
ミラン・クンデラ
サン=テグジュペ...
ウラジーミル ナ...
ジェイムズ・P・...
三島 由紀夫
ヘミングウェイ
ヴィクトール・E...
T.S.エリオッ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ブレイク詩集 (岩波文庫)はこんな本です

ブレイク詩集 (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする