デイヴィッド・コパフィールド〈4〉 (岩波文庫)

著者 :
制作 : Dickens  石塚 裕子 
  • 岩波書店
3.74
  • (10)
  • (8)
  • (20)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 104
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (430ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003222843

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ついにドーラと結婚を果たすが「だからやめとけって言ったろう,デイヴィッド!」.これは酷い,生活できるレベルじゃない!
    ミコーバー氏がずっと登場し続けるのが謎だったんだけど,意外な人物を通じて接点が再形成され,実はかなり重要な役割を果たしそうだ,というところで最終巻に続く.

  • 詳しいまとめは5巻で。

    4巻を読んでいるときの私は、
    「ごめん、今ユライア・ヒープの件で大変なの…」
    と言う感じ。

    気がかりな案件を抱えていると
    本当に頭が痛くなる、と言うのがわかったよ。
    (本の中の話、なのですがねえ!)

  • エミリーはどこへ?

  • ディケンズの大長編の4巻目。ドーラとの婚約にまでこぎ着けたのは良かったが、トロットウッドの伯母さんが破産をしてしまい、本人まで立場が危うくなって、せっかくのドーラとの婚約もスペンロウの主人にばれてしまったりするが、全く突然にそのスペンロウの主人が死んだりして、その隙間をくぐるようにヒープなんかもくねくねと暗躍をしたりする話し。

    11/11/29

全4件中 1 - 4件を表示

ディケンズの作品

デイヴィッド・コパフィールド〈4〉 (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする