クリスチナ・ロセッティ詩抄 (岩波文庫)

制作 : 入江 直祐 
  • 岩波書店
4.33
  • (5)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 36
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (203ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003223413

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「黒影の館」のテーマのひとつがラファエル前派で、ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティの名前が頭にあがってきました。で、その妹がクリスティナ・ロセッティ。
    元々本書は、宮崎駿監督の映画「風立ちぬ」の中で、主人公が『風』を印象的に詠じていた(元の作品からはだいぶアレンジが加わっていますが…)ところから、買ったと記憶していますが、それからだいぶ眠ってしまいました。
    元来、詩を読みつける繊細な感性は持ち合わせていないうえ、やっぱり訳がちょっと古い。しかも、全体的に儚さを歌ったものが多く、暗めの色調のため、読みこなすのは大変。そう、ミレイの『オフィーリア』のイメージがぴったりな感じ。
    それでも、件の『風』や『も一度 春に』など瑞々しい感じの詩には好感が持てます。

  • 「小夜更けの夜のしじまに訪ねきませよ・・・戀人よ はるか遠き昔ながらに。」「今でも私の心の奥に   そつと潜めた戀しい人、」……人を戀う想いを想いたいときに開く、小さな1冊。できるなら、原詩も伴って。

全3件中 1 - 3件を表示

クリスチナ・ロセッティの作品

ツイートする