アルプス登攀記〈下〉 (岩波文庫)

制作 : Edward Whymper  浦松 佐美太郎 
  • 岩波書店 (1966年1月発売)
3.17
  • (0)
  • (1)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :26
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (266ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003223925

作品紹介

苦闘6年、七たびにおよぶ敗退にもめげず、とうとう彼は目的を達してマッターホルンの頂上に立った。しかし下山にかかってまもなく、悲劇は起こった…。アルプス登攀史上の黄金期にその名を残す偉大な登山家ウィンパーのこの6年間の登山記録は、登山のつづくがぎりいかなる時代にも広く読まれる名著である。

アルプス登攀記〈下〉 (岩波文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • マッターホルンを初登頂したウィンパーの1860年から1865年にかけてのアルプス登山の記録.この間,毎年夏になるとロンドンからアルプスに出かけて行ってたくさんに山に初登頂をしている.まだアルプスに未踏峰がたくさんあった時代で,多くの登山家が初登頂を目指している姿が描かれている.物理学者のチンダルもその中に加わり何回か登場する.

    本業が挿絵画家だったウィンパーによる図版が載っていて,楽しめるが原著にはもっとたくさんの図版があるらしい.あとウィンパーの足跡を記した地図が載っているといいのに.

    登山の部分はなかなか面白いのだが,途中で岩石,氷河などの様相や生成についてかなりの長い記述が続く部分があって,よく観察・勉強して書いているとは思うものの,私には退屈だった.

  • 紹介:ウルリッヒ・ヘッセ・リヒテンベルガー「ブンデスリーガ」P.15

全2件中 1 - 2件を表示

アルプス登攀記〈下〉 (岩波文庫)のその他の作品

アルプス登攀記 下 (岩波文庫) Kindle版 アルプス登攀記 下 (岩波文庫) エドワード・ウィンパー

エドワード・ウィンパーの作品

ツイートする