日蔭者ヂュード 上 (岩波文庫 赤 240-3)

制作 : Thomas Hardy  大沢 衛 
  • 岩波書店
3.67
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (228ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003224038

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読むとどっぷり暗くなるトーマス・ハーディの一冊。
    長い間積んどくだったので、覚悟を決めて読み始めた。ハーディの物語は現実的な背景の一方、神秘主義的な味付けがあるのが特徴だが、ここにも出ました。主人公の最初の結婚に影を落とす不吉なほのめかし。そして大おばさんの一族の結婚は必ず悲劇に終わるというありがたくないお言葉。
    大志を抱く主人公、豚飼い一族の陰謀に負け、あばずれ娘と結婚しちゃった。そんなのじゃ駄目だろ、と思ったらあっさりと破局。それにしても、彼は誠実だね。男の誠実さに対して女房一族はひどいぞ。
    で、どこまでが上巻だっけ? 今中巻なのですが。

  • トマス・ハーディの最高傑作とも最低の駄作とも言われる長編。1950年代に翻訳されているのでかなづかいなどが若干古風に感じられるが、その中身は古色に色褪せることはないと感じました。

全2件中 1 - 2件を表示

トマス・ハーディの作品

日蔭者ヂュード 上 (岩波文庫 赤 240-3)を本棚に登録しているひと

ツイートする