ハーディ短篇集 (岩波文庫)

著者 : ハーディ
制作 : 井出 弘之 
  • 岩波書店 (2000年2月16日発売)
3.58
  • (2)
  • (4)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
  • 38人登録
  • 5レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (376ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003224083

作品紹介

悲劇的宿命論者といわれてきたハーディ(1840‐19228)だが、ユーモア、諧謔こそ彼の特質である。伝承的バラッドの響ただよう「帰らぬひと」、谷崎潤一郎が惚れこみ翻訳までした「グリーブ家のバーバラ」、本邦初訳の散文詩「古代土塁での逢引き」等8篇を精選。

ハーディ短篇集 (岩波文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 職場の先輩から初オススメ。
    多分、薦められなかったら読んでないね、トマス・ハーディー。
    イギリス文学。

    冒頭描写がしんどいのに、話が承に入ってくると急にのめり込む不思議(笑)
    からの、結末のやりきれなさ!
    なるほどね、これを書きたい人なんだね。

    一番ハマったのは「帰らぬ人」。
    元はといえば、エミリーの恋人だったのに、二人が幸せになるのがイヤで、無理に結婚したジョアンナ。
    ところが、エミリーにできた年上旦那が予想外のお金持ちで、彼女はどんどん裕福に……。
    そこでジョアンナは自らの夫と息子二人を、エミリーよりも収入を得るために海に向かわせる。

    ジョアンナ自身は報われない終わり方でもいいけど、夫と息子二人はジョアンナの手から逃れてくれていたらいいな、とか思う。
    まあ、他の作品を読む限りでは、そんな腹黒さもなくただ堕ちてゆくのみだろうけど。

    「グリーブ家のバーバラ」も、辛すぎる。
    イケメン旦那エドモンドは火事でえげつない顔になり、バーバラはそれを拒んでしまう。
    って、まあ、あの描写だったら拒むでしょう!
    人体模型並みの醜さって……。
    更に、新しい夫(元々言いよってフラれた)アップランドタワーズからはバーバラの元旦那への想いを、エドモンド火事後の顔を復元することで復讐される。

    ぎゃー。
    そんな仕打ちで、アップランドタワーズに服従しちゃうバーバラ。可哀想すぎる。
    イケメンを求めた罪はかくも重いものか。

    そういう意味で宿命論者というわけですね。
    機会があれば『テス』読みたいなー。

  • 『帰らぬひと』がベスト。それと『グリーブ家のバーバラ』、この2篇は読む価値あり。それ以外はあまりよくない。解説は全然ダメ。

  • 予測のつかない顛末。どんどん残念な感じに運命の坂を転げ落ちていく人々。短編なだけにそのドラマがぐっと凝縮されていて、読むとお腹一杯になる一冊。
    特に好きだったのは「グリーブ家のバーバラ」ひどい悪役ではあるけどアップランドタワーズ伯爵の傍若無人な振る舞いが滑稽で好き。
    それから「変わり果てた男」や「夢見る頃を過ぎても」も良かった。一生懸命なんだけど、どこかで道を踏み外してしまう人々の一喜一憂が面白い。

  • ゼミで使用。

    女が不実なことをして痛い目を見る、という話が多かった。
    自業自得だけれど、女がその時その時の保身で動いていなく、結局反省した人も自分の不実さに気づく人もいないので、読後にすっきりすることもなく嫌な後味が残る。
    一番面白かったのは「三人の見知らぬ客」。1つだけ毛色が違う作品で、楽しんで読めた。

  • 英語の講義でハーディを読み進めるということだったので、サブテキストとして購入。
    てか全訳載ってるようなものだったので楽勝でしたw
    話自体はバッドエンド多いです…

全5件中 1 - 5件を表示

ハーディの作品

ハーディ短篇集 (岩波文庫)はこんな本です

ツイートする