童話集 幸福な王子 他八篇 (岩波文庫)

  • 岩波書店
3.86
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 75
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003224557

作品紹介・あらすじ

全身を金箔で覆われた王子の彫像が国民の悲惨な生活を知り、サファイアの目や体じゅうの金箔をツバメにたのんで貧しい人々に分けあたえる「幸福な王子」、人魚に恋した若い漁師が財宝に目もくれず、ひたむきに恋のために自分の魂をなげうつ「漁師とその魂」など、無垢なるものや純愛への限りない賛嘆にみちたワイルドの全童話。新訳。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ワイルド先生の純粋は強い薬みたいである。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

オスカー・ワイルド

アイルランド出身の詩人、作家、劇作家。1854年生まれ。ダブリン大学トリニティ・カレッジ、オックスフォード大学モードリン・カレッジに学び、1878年、長詩『ラヴェンナ』を刊行。その後、戯曲『サロメ』、小説『幸福の王子』『ドリアン・グレイ』等の作品を発表、19世紀末文学の旗手と呼ばれる。1895年、「恋人」アルフレッド・ダグラス卿の父クイーンズベリー侯爵に同性愛を告発されて投獄。獄中から送った書簡の一部が死後、『獄中記』(原題は「深淵より」)として刊行された。1897年出獄後は仏伊を放浪、梅毒による脳髄膜炎により1900年死去。

「2020年 『オスカー・ワイルド書簡集 新編 獄中記』 で使われていた紹介文から引用しています。」

オスカー・ワイルドの作品

童話集 幸福な王子 他八篇 (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×