人間の絆〈中〉 (岩波文庫)

著者 :
制作 : W.Somerset Maugham  行方 昭夫 
  • 岩波書店
4.04
  • (20)
  • (13)
  • (16)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 158
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (428ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003225479

作品紹介・あらすじ

自分には凡庸な画才しかないと覚ったフィリップは、パリを去り、イギリスで医者になることを決意した。そんな彼の前に、ある日、ミルドレッドという女が姿を現す。美しいが傲慢な彼女に反発を感じながらも、フィリップは彼女の虜になってゆくのだった。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「画家としては凡庸と悟ったフィリップは、医者になることを決意。その頃、ミルドレットという美しく傲慢な女に出会い虜になっていく」
    私がこの小説を長く手放せなかったのは、どうしようもない女にはまっていくフィリップと、どうしようもない男にはまっていっていた私とを重ね合わせて共感していたからかも。この人は私と同じだと思っていたからかも。

  • 恋愛の場面がせつない。

  • 再読。(今度は翻訳者を変えて)
    グリフィスとの顛末、なんと忘れていて途中であっ!と思いだして…
    詳細な感想は(下)にて。

  • タヒチなどを舞台とした作品です。

  • 読書期間:2010年1月13日-1月20日
    Original title:Of Human Bondage.
    感想は下巻で。

  • これまで読んだ小説の中で最高の小説。

  • 図書館所蔵【933.7MA】

  • モームの代表作の一つ。
    この中ではパリでの画学生生活の終焉から、医学生として研修を始めるまでが描かれている。
    詳しくは下巻にて。

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

モーム W. Somerset Maugham
20世紀を代表するイギリス人作家のひとり(1874-1965)。
フランスのパリに生まれる。幼くして孤児となり、イギリスの叔父のもとに育つ。
16歳でドイツのハイデルベルク大学に遊学、その後、ロンドンの聖トマス付属医学校で学ぶ。第1次世界大戦では、軍医、諜報部員として従軍。
『人間の絆』(上下)『月と六ペンス』『雨』『赤毛』ほか多数の優れた作品をのこした。

「2013年 『征服されざる者 THE UNCONQUERED / サナトリウム SANATORIUM』 で使われていた紹介文から引用しています。」

人間の絆〈中〉 (岩波文庫)のその他の作品

モームの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
村上 春樹
アゴタ クリスト...
ヴィクトール・E...
ドストエフスキー
デール カーネギ...
ヘミングウェイ
ドストエフスキー
三島 由紀夫
フランツ・カフカ
有効な右矢印 無効な右矢印

人間の絆〈中〉 (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする