オーウェル評論集 (岩波文庫 赤 262-1)

制作 : 小野寺 健 
  • 岩波書店
3.79
  • (9)
  • (5)
  • (15)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 135
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (376ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003226216

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「ナショナリズムとは何か」と問う時、最も明確な指標を与えてくれる作家。ナショナリズムが帰属するのは国家民族に限らず、本質的に権力志向と結びついている。WWⅡ当時の英国-ソ連間の国民意識についても詳述されており興味深い。

  • 大好きな作家のひとり。数多くの体験記、書評、社会評論などのうちから、とりわけ時代批評に根差した主題が収載されている。

    自伝は、場面が鮮やかに迫ってくる。書評は、衒いがないのに新鮮。社会評論には、時代をこえた示唆がある。

    ここでこうして書いている自分の不誠実さが身にしみる。

    自分自身を見つめなおすこと、寛容であること、”真実”に向き合うこと。その難しさと大切さを教えてくれる。

  •  1948年に発売されベストセラーだった。『1984年』を読んで、「なんと退屈なホラー小説」「露骨な反共」と思った人は多いだろう、だが
    だがオーウェルは読む価値がある。
    英国には≪王制廃止≫共和制の時期もあるし、マルクス以前からの社会主義運動の伝統もある。オーウェルは階級闘争のモティベーションは認めていたがスペイン人民戦線敗北後「底辺を上部に取り換えても混乱のあと同じことをするだけ」と≪革命≫を評価しなかった。WW2最中(以降でも。『冷戦』を公言できるまでは。)の英国では「ドイツだけでなくUSSRにも強制収容所はある」と同盟国を棄損するような言動は自粛させられ『動物農場』は寓話であるがソ連を当てこすったのは明白として文壇の顰蹙をかった…ス後、急転47歳の彼の生涯は宣揚され

  • Orwell and Politics (Penguin Modern Classics)

    Timothy Garton Ash 2001.
    If you have time to read only one essay, read Politics and the English Language.
    http://www.theguardian.com/books/2001/may/05/artsandhumanities.highereducation
    https://yasu-san.hatenadiary.org/entries/2017/11/17
    http://d.hatena.ne.jp/yasu-san/20171117

  • 「P.G.ウッドハウス弁護」収録

  • 1930年代のプライト・ヤング・ピープルに対する批評がものすごく面白い。

  • 英米文学の知識があれば、もっと楽しく読めたと思う。
    ディケンズの評論は何とか読んだが、他の文芸論は読まなかった。

    全編を通して伝わってくるのは、オーウェルの建前論を排した実直さ。
    ユダヤ人差別について述べた評論では以下の指摘が鋭い。
    曰く、
    「ユダヤ人差別について検討しようとするのなら、なぜあきらかに非合理なこんな信念が人々の心をとらえるのだろう?とは考えず、なぜユダヤ人差別思想はわたしの心をとらえるのだろう?という疑問から出発しなければならない。」

    また、なんらかの「主義」をもつ人々に対しての、「認めることの出来ない事実」の指摘も手厳しい。
    たとえば、平和主義者に対して、
    「彼らが暴力を「放棄」できるのは、他の人間が彼らに代わって暴力を行使してくれるからだ」

    凝り固まった頭が解れていくような気分になります。
    お勧めします。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

ジョージ・オーウェル

本名エリック・アーサー・ブレア。一九〇三年インドに生まれ、イギリスで育つ。イートン校を卒業後、警察官としてビルマで勤務。三三年からルポルタージュ『パリ・ロンドン放浪記』、小説『ビルマの日々』を発表。三六年にはスペイン内乱の国際義勇軍に参加し、三八年『カタロニア賛歌』を出版。第二次世界大戦中はBBC放送に勤務、「トリビューン」誌の編集主任を務めた。四五年に小説『動物農場』がベストセラーとなる、四六年に移り住んだスコットランドのジュラ島で未来小説『一九八四』を書き上げ、五〇年に肺結核のため死去。



小野寺健

一九三一年生まれ。東京大学文学部英文学科卒業。同大学院修士課程修了。英文学者、翻訳家、横浜市立大学名誉教授。G・オーウェル、A・ブルックナー、D・H・ロレンス、P・バック、E・M・フォースター、カズオ・イシグロ、E・ブロンテなど多数の翻訳を手がけるほか、著書に『イギリス的人生』『心にのこる言葉』『英国的体験』などがある。二〇一八年死去。

「2020年 『一杯のおいしい紅茶』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ジョージ・オーウェルの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
W.リップマン
マックス ウェー...
ヘミングウェイ
ジョージ・オーウ...
ジョージ・オーウ...
ウィトゲンシュタ...
W.リップマン
ウィリアム・ゴー...
マルクスアウレー...
フランツ・カフカ
フランツ・カフカ
有効な右矢印 無効な右矢印

オーウェル評論集 (岩波文庫 赤 262-1)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×