オーウェル評論集 (岩波文庫 赤 262-1)

制作 : 小野寺 健  小野寺 健  George Orwell 
  • 岩波書店
3.82
  • (9)
  • (5)
  • (14)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 119
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (376ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003226216

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「ナショナリズムとは何か」と問う時、最も明確な指標を与えてくれる作家。ナショナリズムが帰属するのは国家民族に限らず、本質的に権力志向と結びついている。WWⅡ当時の英国-ソ連間の国民意識についても詳述されており興味深い。

  • 大好きな作家のひとり。数多くの体験記、書評、社会評論などのうちから、とりわけ時代批評に根差した主題が収載されている。

    自伝は、場面が鮮やかに迫ってくる。書評は、衒いがないのに新鮮。社会評論には、時代をこえた示唆がある。

    ここでこうして書いている自分の不誠実さが身にしみる。

    自分自身を見つめなおすこと、寛容であること、”真実”に向き合うこと。その難しさと大切さを教えてくれる。

  • 『1984年』を読んで、「なんと退屈なホラー小説」「露骨な反共」と思った人は多いだろう、だが(1948年に発売され)ベストセラーだった。
    だがオーウェルは読む価値がある。

  • Orwell and Politics (Penguin Modern Classics)

    Timothy Garton Ash 2001.
    If you have time to read only one essay, read Politics and the English Language.
    http://www.theguardian.com/books/2001/may/05/artsandhumanities.highereducation
    https://yasu-san.hatenadiary.org/entries/2017/11/17
    http://d.hatena.ne.jp/yasu-san/20171117

  • 「P.G.ウッドハウス弁護」収録

  • 1930年代のプライト・ヤング・ピープルに対する批評がものすごく面白い。

  • 英米文学の知識があれば、もっと楽しく読めたと思う。
    ディケンズの評論は何とか読んだが、他の文芸論は読まなかった。

    全編を通して伝わってくるのは、オーウェルの建前論を排した実直さ。
    ユダヤ人差別について述べた評論では以下の指摘が鋭い。
    曰く、
    「ユダヤ人差別について検討しようとするのなら、なぜあきらかに非合理なこんな信念が人々の心をとらえるのだろう?とは考えず、なぜユダヤ人差別思想はわたしの心をとらえるのだろう?という疑問から出発しなければならない。」

    また、なんらかの「主義」をもつ人々に対しての、「認めることの出来ない事実」の指摘も手厳しい。
    たとえば、平和主義者に対して、
    「彼らが暴力を「放棄」できるのは、他の人間が彼らに代わって暴力を行使してくれるからだ」

    凝り固まった頭が解れていくような気分になります。
    お勧めします。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1903-50 インド・ベンガル生まれ。インド高等文官である父は、アヘンの栽培と販売に従事していた。1歳のときにイギリスに帰国。18歳で今度はビルマに渡る。37年、スペイン内戦に義勇兵として参加。その体験を基に『カタロニア讃歌』を記す。45年『動物農場』を発表。その後、全体主義的ディストピアの世界を描いた『1984年』の執筆に取り掛かる。50年、ロンドンにて死去。

「2018年 『アニマル・ファーム』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ジョージ・オーウェルの作品

オーウェル評論集 (岩波文庫 赤 262-1)を本棚に登録しているひと

ツイートする