タイム・マシン 他九篇 (岩波文庫)

著者 :
制作 : 橋本 槇矩 
  • 岩波書店
3.88
  • (32)
  • (37)
  • (40)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 388
レビュー : 40
  • Amazon.co.jp ・本 (372ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003227619

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「乱視読者〜」からの流れで再読。10年振りくらい。蘭の話は怖かったなーと記憶にあったけど、他はうろ覚えだったな。「タイム・マシン」や「水晶の卵」を読むと、そのイメージの豊かさに圧倒される。前はあまり印象に残らなかったんだけど「盲人国」がけっこう面白い。文化人類学的な要素の入った作品というのだろうか…。

  • *

  • 著者ハーバート・ジョージ・ウエルズは、19世紀後半から20世紀前半に、文学だけでなく政治の分野においても業績を残した人物だという。文学も、SF作家、ジャーナリスト、歴史家、科学者など多様な分野で活躍したらしい。

    1895年に描かれたタイムマシンの素材は、ニッケルと象牙、無色の水晶。美しいものを集めた感じだが、時間を超えるための動力というものが考慮されていない。最近のタイムマシンでは、核融合や原子力というようなものがつきものだが、そのような概念が無かったか、あまり有力視されていなかった時代だとすると、そんな中でこれだけの時間旅行物語を描いたことはすごいと思う。

    タイム・マシンほか、10の短編が収められている。新加速剤など、ある程度の科学的考察が加えられていて、単なる空想物語に終わっていないところが、また面白さをアップさせている。

  • 表題作は初期の時間移動物として『クリスマスキャロル』と並べて語られることの多い作品である。『クリスマスキャロル』は強制的に過去の自分の姿を眺めさせられる話だが、こちらはデロリアンなどに近く、自分の意思で時間移動を可能としている。
    1900年頃の作品なのに、全く古びておらず、既に一つの完成形であるから、時間旅行を描きたいと思った後のSF作家にとっては高いハードルであろう。
    少年ジャンプにおける『スラムダンク』のようである。

    他の作品もしっかり面白かった。
    『盲人国』が好き。

  • よくSFで描かれる未来のさらにずっと先の時代を描いた作品。探検小説っぽくて読みやすかったです。

  • SEの名著、代表的なタイムマシンだが、よくここまで想像で書き上げたなというのが思ったこと。
    知的好奇心に突き動かされて、科学者が向かったのは92万年後、そこに人類はいるのだが、いたのは退化し、独自の変化を遂げた2つの種族であった。

    その他、8編もタイムマシンとは全く違うアイデアで面白い。

  •  老若男女問わず、誰もが一度は願う夢。
     「もし、あの頃に戻れたら」「未来の出来事を知ることができたなら」

     昨今さまざまな時間旅行の物語があるが、ウェルズがこの作品を書かなければ、現代における時間旅行物語の数々は、まったく別の様相を呈していたのではないかと言われている。
     そもそもこのH.G.ウェルズという人が凄い人で、様々な分野において幾多の功績を残したというのである、解説によると『彼の呼吸を思いつくままに挙げてみても、風俗小説家、社会主義者、大衆啓蒙化、科学者、ユートピアン、フェミニスト、預言者などきりがないほど』と書かれている。

     本作に登場するウェルズ式のタイムマシンの場合、形状は自動車タイプで、時間軸を移動する際、周囲の景色の変化が見て取れる。そして、移動中に自動車の位置座標は変わらないままだが、未来(または過去に)その座標へ何らかの物質(ビルなど)が存在する場合、衝突はしないのだろうか?
     そう疑問に思われる方もいるかもしれない。
     映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」では、事前に移動先の状況を把握しておいてから移動することになるし、「ドラえもん」では四次元空間を移動する形状のタイムマシンを使用することで、それらの不具合を改善している。
     「ドラえもん」の例を見てわかるように、理論的な観点から近年では三次元でのタイムマシンはあまり使われなくなった。当時は考え抜いて書かれたタイムマシンの表現方法も今では古くなってしまったということだろうか。

     ともあれ時の流れは常に一定であるという常識をまるで科学的に覆した、本作「タイムマシン」はSFの先駆けであり、はじめて読む方には、未開拓の地へ乗りだすような興奮と、程よい高揚を与えてくれることは間違いない。

  • 新書文庫

  • 表題作のタイム・マシンはもちろん、他の作品も面白かった。
    新加速剤で服が焦げるところ(観察が鋭い)と、盲人国で晴眼の主人公が頭おかしい人扱いされて手術されそうになる(もし私たちにない感覚を持つ人がいたら、私たちの社会でもそうなるのかも)のが印象に残った。

    SFというよりファンタジーじゃないかというのもあったけど、どれも人間の本質を描いていると思った。

  • 古典を読み直す。全然古さを感じさせない面白さがある。また、数年前に見た新しい方の映画の映像を珍しく鮮明に思い出してしまった。

全40件中 1 - 10件を表示

H.G.ウエルズの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
川端 康成
梶井 基次郎
ドストエフスキー
三島 由紀夫
ヘルマン ヘッセ
有効な右矢印 無効な右矢印

タイム・マシン 他九篇 (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする