回想のブライズヘッド〈下〉 (岩波文庫)

制作 : Evelyn Waugh  小野寺 健 
  • 岩波書店
4.00
  • (6)
  • (6)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 74
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (387ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003227732

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • -

  • チャールズは途中からセバスチアンとジューリアをいっしょくたにしてしまっていたのかな。なんだかそんな気がする。でも結局、どちらとも別れなくてはならなかった。だからこそこの物語は美しく見えるのだろうけど。
    「生まれてからずっと他人に世話してもらってばかりいたものが、誰か他人の世話をできるようになるというのは嬉しいものだよ」
    自暴自棄になったセバスチアンの中に芽生える、誰かに必要とされたいという願いはごく自然なものだと思う。そういうシンプルな欲求を、わざわざ信仰に結びつけなくてもいいんじゃないのかな。
    信仰が邪魔になって家族や夫婦が引き裂かれるのを見るのは切ない。相手の信じているものを同じように信じることはできなくても、尊重はできるようにしたいと思う。

  • 上下巻で話が断絶した感がある。下巻の最後で上巻の最初の場面と繋がっている。スティーブン・キングが推薦しているのはイギリスを味あわせる小説である。

  • 上巻とはうってかわって皮肉な口調の背後に深い悲しみが満ちる、斜陽のブライズヘッドを描いた下巻。オクスフォード時代のきらめく日々は遠い思い出となり、光の子どもの如きセバスチアンは酒に溺れ英国を去った。マーチメイン夫人は故人となり、再会したチャールズとジュリアはお互い既婚の身でありながら恋に落ちる。

    初読の時は若きセバスチアンの存在があまりにも眩しく、それが消失しチャールズも浮世の些事にすり減ってゆく下巻は楽しめなかった。今回はこのほろ苦い後半部の襞のようなものを多少感じられた気がする。歳を重ねれば重ねるほど、その味わいは深まるのかもしれない。

    ただやはりわたしはセバスチアンを中心に置かずにこの物語を読むことはできない。人生ってこういうもので目の前の風景もどんどん移ろっていく。チャールズの人生の様相が変わっていくのも理解できる。それでも後半でセバスチアンが背景と化していくことをわたしはどうしても受け入れられない。

    チャールズはなぜジューリアと恋に落ちたのか?彼はセバスチアンとともにあったすべてを愛した。その一部がジューリアであり、ブライズヘッドの館であり、彼らをあらしめるカトリックという信仰だった。それらはみな失われゆく美の世界に属していた。チャールズはその一員にはなれず、その崩壊を止める力も持たなかった。

    エピローグで荒れ果てた礼拝堂に火がともっている。チャールズもまた信仰に目覚めたことを示唆しているが、彼の愛するものが再び戻ることはない。チャールズはこれからも思い出を愛で、滅び去った美を追い求めながら生きていくのだろう。

  • ブライズヘッドという広大な邸宅、そこに住む人々――。華麗にして、精神的苦悩に満ちた回想録。

    やはりなんといっても、主人公の友人・セバスチアンの人物造詣が魅力的であった。
    貴族の次男であり、大変な美貌の持ち主、そして人を魅了せずにはいられない人柄。
    そんな彼が、厳重なカトリックの家(この家がブライズヘッドである)にどんどん蝕まれていく様子が読者をひきつける。家族が彼に構えば構うほど、荒廃していくセバスチアン。ああ、なんと繊細でいて純粋な存在。しかも美しいと来た。彼がその生来の魅力ゆえに、家族の影響を受け流すことができずにいる様が、鮮やかに描かれている。
    純粋なものがその純粋さゆえに傷つくのを描写するのは、ときにあざとくなりがちだと思うけれど、本書ではそれが必然的に描かれていて違和感がなかったと思う。
    その友人の姿に傷つきながらも、どうすることもできずにいる主人公が、非常に冷静でこれまたよい。彼は後年画家になるのだが、その鬱屈しているとも取れる芸術への傾いだ態度が面白く、説得力があった。

    全体的に文章は美しく感傷的なのだが、一方で皮肉っぽく、ときにそれは辛辣にも感じられた。しかし解説によると、この著者の著作ではこの本はむしろ異例で、他の本はもっと突き放した書かれ方だそうである。こ、怖いなぁ。この本でもかなり突き放してると思ったのに。

    ちなみに、この本ではセバスチアンの家族をめぐって、かなり宗教的(ほぼカトリック)の話も展開されるが、素人にはそこらへんのニュアンスがさっぱりであった。
    カトリックの人が読んだらどう思うのだろう。

    下巻では話の展開がややまどろっこしく感じられるところもあったが(ジューリアのところ、私は少々長いと思った)、やはりセバスチアンの存在が大きくて、全体の話を上手く引き締めてくれていたと思った。
    しかし私は、話の本文とは関係ないところでちょっと気に入らないところがあったのだ。それは、上巻に解説が載っていて、その解説内で下巻の内容がネタばれされていることである。
    どうして下巻に解説をつけなかったのだろう・・・それがわからない。どうして全てを読んでしまう前に、読者の可能性を狭めるようなことをしたのだろう??

    感想を書いてみるとたくさん褒めているのに、評価という点になるとあまりぱっとしない本があるが、これはどうもそれらしい。解説だけが不満の全てではないけれど、なぜか☆3つ。

全6件中 1 - 6件を表示

イーヴリン・ウォーの作品

ツイートする