白衣の女 (中) (岩波文庫)

制作 : 中島 賢二 
  • 岩波書店
3.88
  • (8)
  • (7)
  • (7)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 89
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (421ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003228425

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 一人称で様々な語り手の口から語られる形式がよけいにゾクゾクする。なおかつ、読者の皆さんという語りかけがあって読むことをやめさせません。
    いかにも悪そうな人が奥が深くない短気な性格であったり、一見とても人柄がいい人が実は恐ろしい。
    そんなギャップがまたページをどんどんめくらせます。

  • ローラの結婚生活にあらわれたクライド卿の友人であるイタリア人のフォスカ伯爵。ローラを守るためにフォスカ伯爵、クライド卿の秘密を探るマリアン。白衣の女アン・キャセリックの登場。アンを追うクライド卿。クライド卿とフォスカ伯爵の会話を盗み聞きしながら雨に打たれ重病に陥ったマリオン。マリオンを過失として殺害しようとするクライド卿。同じく病気にかかったローラ。ローラの死の知らせに中央アメリカから帰国したハートライトの動揺。ハートライトがローラの墓で出会った人物の秘密。

  • 中くらいから少し面白くなってきた。

    ただ、やっぱり文体が合わない。

    仰々しい感じですっと入ってこない。

  • でもやっぱり最後これでよかったのかもしれない

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1824年ロンドン生まれ。法律家修業を経て、20代後半から作家活動に入る。30代半ばで発表した『白衣の女』によって一躍脚光を浴び、1860年代に大流行したセンセーション小説の礎を築いた。代表作は、『白衣の女』の他、『ノー・ネーム』『月長石』などで、後者は世界最初の長篇推理小説としても有名。1889年没。

「2018年 『ヴィクトリア朝怪異譚』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ウィルキー・コリンズの作品

白衣の女 (中) (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする