ピーター・シムプル 中 (岩波文庫 赤 288-2)

著者 : マリアット
制作 : 伊藤 俊男 
  • 岩波書店 (1942年5月20日発売)
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :10
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (267ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003228821

ピーター・シムプル 中 (岩波文庫 赤 288-2)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  中巻。任務遂行中に捕虜になってしまったシムプル君とオブライエン。敵地からの必死の脱出行…と言いたいところだが、奇想天外な成り行きで笑えるシーンもちらちら。で、このあたり、オブライエン先輩は実に頼りになる。映像イメージとして、映画「マスター・アンド・コマンダー」のカラミーとブレイクニーが彷彿。年齢的にはピーターがカラミーくらいの年回りなので、ちょっとずれているけれど。疑問はオブライエンがその活躍により「大尉になった」というくだり。Sub-LieutenantからLieutenantに昇進? 要原文チェック。
     それはともかく、なんとか危地を脱し、ピーター君の身の上に変化の兆しが見え、さらに海軍上がりの著者の筆がさえるシーン展開。その途中、サヴィジ艦長とファルコン副長との別れは残念。
     さて、この巻で驚いたこと2点。その1。アイリッシュネットワークの緊密さ。敵であろうと味方となり、地元なら逃げ込んだ怪しい人物もすぐに発見。
     その2。敵国間でも手形決済は可能。捕虜でも換金してもらえる、それもナポレオン金貨で。まあ、あのマチュリン先生も敵地のはずのパリで学術交流したし、海や大陸でドンパチやってても、ロンボーンではベネットの奥様が娘の玉の輿作戦を練っていたくらいだし。
     つぎはいよいよ下巻へ。

全1件中 1 - 1件を表示

マリアットの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ピーター・シムプル 中 (岩波文庫 赤 288-2)はこんな本です

ピーター・シムプル 中 (岩波文庫 赤 288-2)を本棚に登録しているひと

ツイートする