船出(下) (岩波文庫)

制作 : 川西 進 
  • 岩波書店
3.20
  • (0)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 32
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003229132

作品紹介・あらすじ

叔母夫妻の別荘に滞在中のレイチェル。自分ひとりの部屋、近くにあるホテルでの老若男女との出会いが、世界を広げていく。そして、初めて打ち解けて話せる異性…。これが「恋」?愛するほどに「分かり合えなさ」を感じるのはなぜ?精神の不調を乗り越え出版した本作には、後のウルフ作品のあらゆる萌芽がある。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 何故こんな良いものを今迄隠してたんだ、と思ったのだが、本作の世界に夢中になって浸った、という人は、今の所、殆ど見当たらない。
    訳も良い。読みづらい小説なのは確かだが。

    兎に角、その後のウルフを構成する色んな物が整理しないままで、ぐちゃぐちゃ。なのだが、、むしろ最初から全部あったんだ、という事に感動したのですが。

    そして、ウルフを読んできて朧げに思っていたような事の正体、というのか、が、かなりはっきりと見えてきた、という意味で、他の作品を読む鍵がいっぱい詰まった宝箱なんです。

    特にその音楽的感性、そして音楽的技法を小説に当て嵌めて描くような所。世界との関わり方、感じ方、掴み方。など。

  • ウルフが好きでほかの小説・随筆を読み切ってしまった人向けな気がする。長い割りに登場人物の奥深くに触れられた気がしない。まだよくわからないうちに、世間知らずな娘がはっきりと一歩前に進む前に、終わってしまった。

    そこかしこで「ああそういうことあるね」と思う一節がないわけではないのだけれど、特に目を開かれるような出来事や心情が描かれるわけでもない。当時のウルフの生活感を共有していないわたしには、もう少しわかるように書いてくれないかなあというじれったさが残った。まあデビュー作なので、そういうものかも。

    『灯台へ』や『オーランドー』ははっきり面白いので、そちらをまずどうぞ。

  • 初訳ということに驚き。なぜ今まで誰もこれを訳そうと思わなかったのか。どう考えてもウルフを語るうえで重要な作品だろうに。

  • ヴァージニア・ウルフのデビュー作(本邦初訳)。
    箱入り娘の主人公がみるみるうちに感性を花開かせて行く姿には魅力を感じる。特に婚約が整って幸せの絶頂にある彼女はキラキラしている。
    しかし展開そのものはメロドラマで、ハッピーエンドでは終わらない。ラストシーンはなかなかシニカルだ。

  • 久しぶりに岩波文庫を手にしました。『船出』上巻はなるほどウルフらしい、彼女の後年の作品にある独特の雰囲気を感じさせるもので、読みやすくはないですが特別読みにくいということもなく、途中いくつかこれは翻訳上の不備ではないかなと感じる部分がある程度で、ストーリーを追うのに集中できました。ただ下巻がだめでした。機械翻訳に通したような意味をなさない単語の並びとしか思えない箇所がそこら中にあり、気になるというより読み飛ばす以外方法がない(意味を解せないので)部分が出てきます。私の詩的想像力の欠如の問題でしょうか? ともかく途中で読み進めるのを諦めました。。

全5件中 1 - 5件を表示

ヴァージニア・ウルフの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
パトリシア ハイ...
チャールズ ブコ...
ジャック・プレヴ...
ウラジーミル ナ...
J.L. ボルヘ...
ピエール ルメー...
J.L.ボルヘス
カーソン マッカ...
ヴァージニア・ウ...
ミラン・クンデラ
谷崎 潤一郎
カルペンティエル
フランツ・カフカ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする