アルハンブラ物語〈上〉 (岩波文庫)

制作 : Washington Irving  平沼 孝之 
  • 岩波書店 (1997年2月17日発売)
3.80
  • (15)
  • (19)
  • (23)
  • (2)
  • (0)
  • 189人登録
  • 19レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (367ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003230220

アルハンブラ物語〈上〉 (岩波文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 1800年代にアメリカ人外交官の作者がスペイン滞在時に体験した旅の紀行文。アルハンブラ宮殿に到着してからは、そこに住ませてもらえることになり(!)宮殿の歴史や言い伝え等について語られます。

    歴史的建造物を観光すると、誰しも何百年も過去の人々に思いを馳せたりするものですが、アーヴィングはその表現の仕方がとても美しい。まるで幻視のように過去の光景が立ち現れ、夢から醒めるようにふっと我に返る感じ、すごく伝わってきます。

    個人的にはスペインには数年前に旅行に行って、アルハンブラ宮殿も訪れその美しさに大感激したので、懐かしく思い出しながら読みつつ、行く前に読んでたらもっと現地で楽しめたかもとちょっと後悔。でもまあ逆に、行ったことがあるからこそリアルにイメージできる部分もあるので、それはそれでいいのかな。スペインではおもにガウディの建築物を見て回ったのですが、国自体のなりたちや歴史についてはほとんど勉強しておらず、そのへんもこの本を読んで初めて知ることがたくさんありました。

  • 2/5 読了。

  • カバー:グラナダの丘に今もその姿を残すアルハンブラ宮殿.アーヴィングはアメリカ公使館書記官としてスペインに赴き、偶然の幸運からモーロ人の築いた城に滞在した。その幻想的な日々が、処処に伝わるさまざまな物語を織りまぜて、詩情ゆたかに綴られる。

  • タイムマシンが欲しくなった。

  • 2014/4/23
    ようやく読み終わった。グラナダ周辺の歴史が多い上巻に較べると下巻はおとぎ話てきな伝承中心なので読みやすい。
    この本、多分文学的価値はそれほどでもないんだろうけど、全編に著者のアルハンブラ愛が流れてて今すぐスペインに行きたくなります。危険w行く予定のない人は読まない方がいいかも。ああでも柘榴や天人花の生い茂る緑に囲まれたイスラムの香り高い宮殿で、うっとり午睡してる気分には浸れるので現実逃避には良いかもです。

  • アメリカ公使館書記官であるアーヴィングは1820年代にグラナダを訪れ、荒れ果てたアルハンブラ宮殿に滞在した。その日々を幻想的な伝承を織りまぜながら語った本。上巻は歴史や建物、グラナダでの暮らしにまつわるが多い。
    アルハンブラ宮殿を築城した王アルハマールは、戦争で持ちこたえられないと判断した後、カスティーリャの君主であるフェルナンド聖王に帰服し主従関係を結んだ。つまりイスラム教の領主がキリスト教の領主に仕えた。意外なのは、キリスト教とイスラム教の領主が同盟や主従関係を結び十字旗と新月旗を並べて、共通の敵である他の領主と戦争するのは別に珍しくなかったということ。最初から延々と宗教間での争いをしていたと思っていたが、そうではないらしい。分かりやすい二元論は後からの解釈だった。

  • 19世紀、アメリカ公使館書記官としてスペインに赴任したアーヴィングが、少年時代から憧れていたアルハンブラ宮殿に住まわせてもらって書いた本。19世紀当時のスペインの庶民の暮らし、彼らから聞き取った伝承、アルハンブラ宮殿を建造し歴史から消えていったモーロの王侯たちのエピソードなどが、ゆったりとしたリズムで語られる。

    アルハンブラ宮殿は「イスラム教の天国ってこんなところだろうか」と思うような夢のような建物なのだけれど、あの場所にぴったりの、夢のようなふわふわとした語り口が気持ち良い。アーヴィングのような人がアルハンブラ宮殿に憧れ、そこでたっぷりとした時間を過ごせたことを、歴史に感謝したくなるような本。下巻はさらにゆるふわらしい。楽しみ。

  • いろいろとロマンに満ち溢れております。素材だけでなく、描写も綺麗。妄想を刺激する要素もたくさんあるので、何度か読み返して拾い上げたいものです。

  • アルハンブラ宮殿に行くので読んでみた。
    スペインの荒涼とした雰囲気がよく伝わってくる。

    宮殿に関するたくさんの逸話が登場するのだが、彼が歴史に魅了されたオタクだっていうのがよくわかる。

    フランス軍よくやった!!っていうのが一番の感想ですね。

    アルハンブラ宮殿の挿絵が入っていて、実際この本を宮殿に持っていたので、「あぁ、ここがライオンの間かぁ」とか非常に旅のお供として活躍してくれました。

    ただアルハンブラ宮殿を訪れても、その歴史を知っていないときっと面白さ半減どころではないだろうと思いました。

    もし宮殿を見物に行くならこれを読んでみるのもいいでしょう。

  • 『アルハンブラの思い出』を聴きながら、遠いスペインの地グラナダのアルハンブラ宮殿に想いを馳せる。著者がアルハンブラ宮殿を訪れ幸運なことから主となり宮殿の歴史や逸話を語る紀行&滞在記。宮殿内の建物や広場の描写やまた挿し絵が素晴らしく、宮殿内の住人のエピソードも楽しいし、著者が言うように幻想的で魔法のかかった宮殿を歩いているようだった。ネットで宮殿の詳細を調べたり、埃をかぶった世界遺産のDVDを引っ張り出して観て、もう虜になっている。一度は訪れたい、というか行くよ。絶対に!下巻も楽しみだ。

全19件中 1 - 10件を表示

W.アーヴィングの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
カルロス・ルイス...
J・モーティマー...
ウンベルト エー...
J.L. ボルヘ...
ジェイムズ・P・...
三島 由紀夫
ガブリエル ガル...
宮部 みゆき
遠藤 周作
有効な右矢印 無効な右矢印

アルハンブラ物語〈上〉 (岩波文庫)に関連する談話室の質問

アルハンブラ物語〈上〉 (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする