黄金虫・アッシャー家の崩壊 他九篇 (岩波文庫)

著者 :
制作 : 八木 敏雄 
  • 岩波書店
3.65
  • (16)
  • (23)
  • (36)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 200
レビュー : 26
  • Amazon.co.jp ・本 (410ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003230633

作品紹介・あらすじ

均整と統一という明確な方法意識を持っていたポオ(1809‐1849)は、短篇小説に絶妙な手腕を発揮した"スタイリスト"であった。胸躍る痛快な暗号解読の物語『黄金虫』、夢幻的雰囲気と緊迫感にひたされた『アッシャー家の崩壊』-。『ボン=ボン』『息の紛失』等、ノンセンス物も収録した、ヴァラエティゆたかなアンソロジー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 図書館で借りた。

    高等遊民について百科事典を調べたら、ポオの『群衆の人』が紹介されていたので読んでみた。
    誰と話す訳でもなく、ただ人ごみの中にいないと不安になる人物を追跡する話だった。何故雑踏のなかにいようとするのか、についての記述はない。

    『ボン=ボン』『息の紛失』のようなふざけた作品を書く人なのだと初めて知った。
    『赤死病の仮面』はぞっとする話だった。

  • 黄金虫:測量って大事だね! 特に基準点!
    ブラックウッド:アンジャッシュっぽい

  • 「メッツェンガーシュタイン」Metzengerstein, 1832「 ボン=ボン」Bon-Bon, 1832
    「息の紛失」Loss of Breath, 1832
    「ブラックウッド」誌流の作品の書き方/ある苦境
    「リジーア 」Ligeia, 1838
    「アッシャー家の崩壊」The Fall of the House of Usher, 1839
    「群集の人 」The Man of the Crowd, 1840
    「赤死病の仮面」 The Masque of the Red Death, 1842
    「陥穽と振子」The Pit and the Pendulum, 1842
    「黄金虫」The Gold Bug, 1843
    「アモンティラードの酒樽」The Cask of Amontillado, 1846

  • 怖い。ナンセンスものも収録。

  • 「リジーア」「アッシャー家の崩壊」「赤死病の仮面」「黄金虫」が面白かった。
    特に「リジーア」に引き込まれた。物凄く怖い話だった。

  • 美女の死と再生がテーマの「アッシャー家の崩壊」と「リジーア」が特によかった。
    伝統的ゴシックホラー風の「メッツェンガーシュタイン」と「赤死病の仮面」もいい。
    「陥穽と振子」は一つの場面をずっと描いてて、他のポー作品にはない面白さがあった。
    「群衆の人」は、主人公の人間観察から当時のロンドンの世相が見えてくる。

  • 表題作あたりは昔違う文庫で読んでるんですが、この岩波版は短編1作ごとに解説があってわかりやすく、当時のイラストも収録されているのでちょっと得した気分。

    収録作はバラエティに富んでいて、『ボン=ボン』『息の紛失』『ブラックウッド誌流~』あたりはかなりコミカル。ポーってこういう作品群もあったんだ、って新発見。

    とはいえ個人的に好みなのはやはりゴシックな作品群のほう。『アッシャー家~』は言わずもがな、この本の収録作の中では、死んだ妻が甦る『リジーア』や、「死」が擬人化されたような『赤死病の仮面』、中世の伝説めいた『メッツェンガーシュタイン』なんかのほうが断然好きです。

    『アモンティラードの酒樽』は、どちらかというと『黒猫』なんかに近い完全犯罪(を喋らずにいられない・笑)もの。『陥穽と振子』は、以前シュヴァンクマイエルの映画も見たんですが、最近の作品でいうなら『ソウ』とか『キューブ』みたいな、目が覚めたら謎の密室に監禁されていて突然拷問にさらされる…みたいな不条理ホラーはある意味この系譜なのかなと思ったりしました。

  • ポーの笑劇ものは「ボン=ボン」くらいしか読んだことがなかったが、「息の紛失」をよんでみたらこちらも面白い!
    言葉あそびのセンスがかなりいい。

    そして、「息の紛失」にも「アッシャー家の崩壊」にも似た形で“墓”が登場するが、このへんはホラーといか、幻想文学的だと感じた。
    生と死や、現実と非現実の画然たる差異を揺るがすところに、これらの作品の特徴がみられる。

    「黄金虫」は、坂口安吾の「桜の森の満開の下」を連想してしまった。

  • 黄金虫
    これのために読みました。暗号物と聞いてましたが、有名な解読法でした。もしかしてこの作品が初めて小説にしたのでしょうか。話自体も続きが気になるアドベンチャーものでよかったです。

    以下読み途中

  • 始めは眠たく退屈に感じていたものが、読み連ねるうちにそれぞれの余韻が折り重なってうすら寒くなる。

    そうした中で表題作の黄金虫は、面白いけどもオカルトちっくな短編の中にあって謎解きだけで余韻なく終るから、もの凄く呆気なく感じる。

    陥穽…が良かった。あと美女再生諶、に括られるらしいリージア。ボン=ボンなんかはまさに、ポーの世界に引き込む流れ。

    あまり1人の家では読みたくない。

全26件中 1 - 10件を表示

ポオの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウィリアム・ゴー...
ヘミングウェイ
村上 春樹
ヘルマン ヘッセ
安部 公房
谷崎 潤一郎
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

黄金虫・アッシャー家の崩壊 他九篇 (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする