ホイットマン詩集―対訳 アメリカ詩人選 2 (岩波文庫 赤 309-7 アメリカ詩人選 2)

制作 : 木島 始 
  • 岩波書店
3.53
  • (6)
  • (7)
  • (17)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 182
感想 : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003230978

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 通りすがりのよく知ってるお店に立ち寄る感覚で読む本

  • ホイットマンは『草の葉』でアメリカを覆った。生涯に4度の改定をしたとはいえ、たった一冊の詩集で、全世界に影響を与え続けている。
    詩人が持つ力は計り知れない。

  • 対訳詩集。ホイットマンの詩にはなにか引きつけられるものがある

  • 映画「今を生きる」の中に「おお船長 わが船長」の詩が出てきます。
    なんとなく全文を読んでみたくて、手に取ってみました。
    国の行く末を船に掛けたり、リーダーを船長に掛けたり、冒険野郎の姿が見え隠れします。

  • 引き付けられる物を何も感じることができなかった、というのが正直な感想。対訳になっていますが、日本語訳しか読んでいません。だからなのか、同じ言葉、フレーズのあまりにも多い繰り返しに少し辟易してしまった。

  • 時々読んで、毎回いい

  • 対訳付き。ホイットマンの詩は力強くて芯が通ってていい。

  • 永遠に巡り来る春よ、あなたは三つの大切なものを忘れずに届けてくれる。<br>
    多年生の花咲くライラックと、西空に沈むあの星と、そして愛する人との思い出とを。<br>
      (?先ごろライラックが前庭に咲いたとき?より)

全10件中 1 - 10件を表示

ホイットマンの作品

ホイットマン詩集―対訳 アメリカ詩人選 2 (岩波文庫 赤 309-7 アメリカ詩人選 2)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×