不思議な少年 (岩波文庫)

制作 : Mark Twain  中野 好夫 
  • 岩波書店 (1999年12月16日発売)
3.74
  • (74)
  • (94)
  • (136)
  • (8)
  • (1)
  • 本棚登録 :754
  • レビュー :95
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784003231111

作品紹介・あらすじ

16世紀のオーストリアの小村に、ある日忽然と美少年が現われた。名をサタンといった。村の3人の少年は、彼の巧みな語り口にのせられて不思議な世界へ入りこむ…。アメリカの楽天主義を代表する作家だといわれる作者が、人間不信とペシミズムに陥りながらも、それをのりこえようと苦闘した晩年の傑作。

不思議な少年 (岩波文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 早急に生き方を変えたくなる一冊。(変えたくなる止まりだったが…)

  • 「人生そのものが幻じゃないか」
    「あるものは君だけなんだ」
    人生や世界が自分自身がつくりだした幻にすぎないとして、それならどうして自分の人生の中身に喜びだけでなく悲しみなどの負の感情が多いのか。そのようなことは決して望んでいないはずだ。もしかしたら、悲しみは決して否定的な要素ではなく、あくまでも喜びを相対化させるために存するだけの要素なのかもしれない。そうすれば自分の作り出した自分の世界の悲しみにも何か積極的な意味を見出せるのかもしれない。というようにあっさりと最終的に自己を肯定してしまって完結していいとは思えず、肯定も否定も全てひっくるめて幻の人生であり、独我論なんだろう。そもそも独我論というカテゴライズされる話ではないという感想もよぎるが、やはりこの小説の最後の主題はキリスト教的な倫理観と鋭く対立する個々の主体を考えさせる独我論だと思った。

  • 人間に対する徹底したペシミスティックな視点



    「君たち人間の進歩ってやつは、どうもあまり感心しないね。もう一度新たに出直すことだな。」p182



    生まれ落ちたが最後なんです。

  • 不思議な少年サタンくんに例によって「知った風な口を!」と思いながら読んだのだが、これはキリスト教圏ならではの発言なのかもしれないと感じた。

    ゾウがアリを気にするだろうか?みたいなセリフは、米粒の一粒一粒にも神が宿るという日本的考え方では共感しづらい。『気にすることもありえる』と考えてしまう。

    また何でも見透かし何でもすぐ分かる少年が、少なくとも主人公の悩みが分からないことが理解できない。悪意という概念はないとのことだが、むしろどうなるか分かっててやってるので結果論でいえばそれは悪意と言えませんかね。

    「何でもカテゴライズしようとする。人間の悪い癖だね」とでも言いそうだが、まさにその言い方が人間ぽいんだよなあ(まあ作者がただの人間なのでそうなるんですが)

  • 知り合いに勧められて
    当初聞いていたより、相当おもしろいお話で
    ある意味荘子的なところもあり、最後は唯識的でもあり、美少年も出てくるし、すごく深いわけではないけど、楽しみながら一気に読めた

  • 人間と獣は違う。いろいろな点で違う、ゆえに人間は獣よりも優れている、というのはよくある一般的な話。
    この本では、人間と獣は違う、人間には良心がある、だから獣よりも劣っている、という。

    人間は良心のためならなんだってする。戦争、殺人、強盗、拷問、残忍なことなんでも。ありもしない道徳をもちだして。
    獣は残忍なことをしない。本能で、無心でやった結果、仲間に危害を加えていることはある。でも誰かを傷つけて喜ぶなんてことは絶対にしない。

    手塚治虫の漫画ブッダの中のナラダッタという人間を救うために、動物の命を犠牲にしてしまいその罰を受け、生きながら獣として生きた人物を思いだした。獣として、人間としての良心を持つことなく、自然の流れの中に身を任せ、すべてをあるがままに生き、心美しく、天命を果たしたというエピソード。

    人間である以上、この物語の中でいう良心はつきまとう。
    “人間とは何か”で語られたように、良心をより高みのある理想に近づけるよう努める。
    これが僕らが正しく生きるみちなんだろうか?

    また世界の流れが大きく変わりそうな今だからこそ心に留めておきたいと思った話。人間なんて羊と同じだという話。
    人間はいつも少数者に支配される。声の大きな一握りの人間に。正しいこともあれば間違っていることもある。でもそんなことはどうでもよくて、とにかく大衆はそれについていく。例えば戦争。だれかが戦争をやると言いだす。最初は懸命になって考えて反対を唱える。でも長くは続かない。やがて聴くものはいなくなり、人気も落ち、奇妙なことに滬んどはそういったものを迫害し始める。そうするともう全員が戦争だという。あとは嘘をでっち上げ、戦争は正義になる。

    今だからこそ、心に留めておきたい。

  • 新書文庫

  • トウェインの新たな一面。

  • The Mysterious Stranger, A Romance (1916)

    サタンがみせる人間の愚かさや醜さは凄まじい。語り手のテオドールはサタンに対して怖れと尊敬を抱いているようだ。人の死に対して私たちは、悲しみを抱くがサタンはそうでない。例えば、若くして死ぬことによってその後に待っていた苦しみを免れたのだという。私は、機械的運命論に基づいたこの思想には賛成できない。仮に、生まれた瞬間から自身の運命が既に決まっていたとしても、生きている瞬間のうちに感じる様々な感情とそれに基づく自身の行動を大事にしたい。一度は、サタンを説得しようとした主人公テオドールのように。

  • 再読。一番最初は小学6年だったのを衝撃とともに覚えている。トム・ソーヤーの人がッ?みたいな。その頃ラブクラフトにハマりまくっていた私にはツボすぎて、何度読んだかしれないが、ここ数年手に取っていなかったので、ダラダラしながら読む。嗚呼。この1冊でマーク・トゥエインが大好きになった。

全95件中 1 - 10件を表示

不思議な少年 (岩波文庫)のその他の作品

不思議な少年 (岩波文庫) Kindle版 不思議な少年 (岩波文庫) マーク・トウェイン

マーク・トウェインの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヘルマン ヘッセ
遠藤 周作
フランツ・カフカ
アゴタ クリスト...
有効な右矢印 無効な右矢印

不思議な少年 (岩波文庫)に関連する談話室の質問

不思議な少年 (岩波文庫)に関連するまとめ

不思議な少年 (岩波文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする